2013年8月 1日 (木)

「幸水」から「にっこり」まで"とちぎの旬"をご賞味ください

Nasi01「なし」は生産量全国第4位を誇る栃木県を代表する果樹です。県内各地で栽培され栽培品種は、酸味が少なく糖度が高く、果肉は柔らかで果汁も多い「幸水」、糖度が高いがほどよく酸味もある濃厚な味が特徴で、果汁が多い「豊水」が中心ですが、大玉で甘い晩生種の「にっこり」や果肉が柔らかく甘い新品種の「あきづき」も増えています。

8月の主役はなんといっても「幸水」。来月からは「豊水」が続き、晩生品種「にっこり」の11月中旬まで約5ヶ月間お楽しみいただけます。「幸水」から「にっこり」まで、"とちぎの旬"をご賞味ください。
「なし」は果皮の色つやがよく、張りがあって手に持ったときに重みを感じる果実を選びましょう。暑い夏に適した果実ですが、冷やしすぎるとせっかくのおいしさを感じにくくなります。食べる2時間程前から冷やすのがオススメです。

Umaimonotochigi「旬どき・うまいもの自慢会・とちぎ」では当ブログにてご紹介する栃木県内の旬の食材や料理を募集しております。こちらまでご連絡お願い致します

「とちぎの旬のうまいもの」や「集い」の情報を、「とちぎの地酒『開華』酒蔵楽通信」にて優先的にお知らせいたします!こちらからご登録を!

とちぎの地酒「開華」ホームページはこちらです
旬どき・うまいもの自慢会」事務局のホームページはこちらです

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年7月 1日 (月)

新しい夏の顔“なつおとめ”

36547栃木の新しい夏の顔として登場した“なつおとめ”は、夏から秋にかけて収穫できるいちごです。夏であっても比較的涼しい栃木の県北地域を中心に生産が始まり、平成23年に新品種として登録されました。色や形がよく、酸味も感じられるので、スイーツ業界でも「甘く、適度な酸味は夏に向く。切り口も美しい。」と期待されています。

12369夏場の輸入物にはない風味と見栄えの良さで評価は高く、那須地区のホテルや菓子店で需要が高まっています。通常の「冬どりイチゴ」は晩秋から春までが収穫期ですが、「なつおとめ」の収穫期は7月から11月まで。まだ県北部とにのみや周辺のみでの栽培出荷となり非常に貴重!!生まれたばかりのいちごですが皆様に知っていただいて、夏もおいしいいちごを食べていただきたいです。

なつおとめの特徴
(1)収量が高く、秀品率(正形果率)が高い。
(2)果実品質に優れ、食味・外観・輸送性ともに高水準。
  断面は淡赤色で、スライスした際の見栄えも良い。
2011年3月28日に品種登録となりました。


Umaimonotochigi「旬どき・うまいもの自慢会・とちぎ」では当ブログにてご紹介する栃木県内の旬の食材や料理を募集しております。こちらまでご連絡お願い致します

「とちぎの旬のうまいもの」や「集い」の情報を、「とちぎの地酒『開華』酒蔵楽通信」にて優先的にお知らせいたします!こちらからご登録を!

とちぎの地酒「開華」ホームページはこちらです
旬どき・うまいもの自慢会」事務局のホームページはこちらです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 1日 (火)

ヘルシーな「栃木しゃも」

Syamo01冬の栄養補給は必要、でも年末年始で栄養を補給しすぎて・・・のこの時期にもってこいなのが脂肪分が少なくヘルシーな「栃木しゃも」です。
「栃木しゃも」は父親が「軍鶏(しゃも)」、母系の祖父母にフランス料理で高級食材として使われる「プレノアール種」と卵をたくさん産む「ロードアイランドレッド種」を持つ地鶏です。一般に売られているブロイラーは約2か月で肉になり食卓へ届けられますが、「栃木しゃも」は肉になるまでに約4か月かかり、基本的に飼育密度を低くし放し飼いで育てられます。
肉は両親のよいところを兼ね備え、やわらかくて脂肪が少ない風味・コクに優れていて美味しいです。「栃木しゃも」はこちらで味わえます。

Umaimonotochigi「旬どき・うまいもの自慢会・とちぎ」では当ブログにてご紹介する栃木県内の旬の食材や料理を募集しております。こちらまでご連絡お願い致します

「とちぎの旬のうまいもの」や「集い」の情報を、「とちぎの地酒『開華』酒蔵楽通信」にて優先的にお知らせいたします!こちらからご登録を!

とちぎの地酒「開華」ホームページはこちらです
旬どき・うまいもの自慢会」事務局のホームページはこちらです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 1日 (土)

「宮ねぎ」ですきやき

Miyanegi「宮ねぎ」栃木市を中心に栽培されている地域伝統ねぎで、別名「ダルマまねぎ」とも呼ばれています。江戸時代に栃木の商人が江戸の地頭役所に出向くときに宮ねぎを持参したところ、味や香りがよいことから、江戸に毎年歳暮用として送る風習が続いたと伝えられています。
一般的な長ネギとは異なり、軟白部が太く短いねぎです。寒さが深まり降霜にあうと、葉部は先端から黄変し、軟白部の甘みが一段と増してきます。

Miyanegisukiyaki冬の旬の素材である「宮ねぎ」のおいしさを存分に味わう食べ方はずばり「すきやき」です。霜にあたり甘みのある宮ねぎは、牛肉(とちぎ和牛なら最高!)との相性もばっちり!年末、家族や人が集まったときのごちそうは、「宮ねぎ」のすき焼きで決まりです。宮ねぎの甘さと風味を楽しむには、半煮えの状態で食べるのが一番です。また、寄せ鍋、ねぎぬた、天ぷら、焼き鳥、そばやうどんの薬味としてもおすすめです。
収穫期間は11月上旬から12月末までで、冬季限定の食材です。昨年の9月に種をまき、今年の5月の連休頃に仮植、8月のお盆頃に定植をし、11月上旬から収穫が始まっていますので、栽培には14か月かかっている手間のかかるネギです。

Umaimonotochigi「旬どき・うまいもの自慢会・とちぎ」では当ブログにてご紹介する栃木県内の旬の食材や料理を募集しております。こちらまでご連絡お願い致します

「とちぎの旬のうまいもの」や「集い」の情報を、「とちぎの地酒『開華』酒蔵楽通信」にて優先的にお知らせいたします!こちらからご登録を!

とちぎの地酒「開華」ホームページはこちらです
旬どき・うまいもの自慢会」事務局のホームページはこちらです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 1日 (木)

11月22日はショートケーキを贈ろう

毎月22日は「ショートケーキの日」です。これはカレンダーで22日の上には必ず15日が来るということで、「いちご」が載っているということから「ショートケーキの日」だそうです。さらに、11月22日は「いい夫婦の日」とされており、「いちご王国とちぎ」では旬を迎える「いちご」を使用して「いい夫婦の日にショートケーキを贈ろう」キャンペーンを実施しています。

Umaimonotochigi「旬どき・うまいもの自慢会・とちぎ」では当ブログにてご紹介する栃木県内の旬の食材や料理を募集しております。こちらまでご連絡お願い致します

「とちぎの旬のうまいもの」や「集い」の情報を、「とちぎの地酒『開華』酒蔵楽通信」にて優先的にお知らせいたします!こちらからご登録を!

とちぎの地酒「開華」ホームページはこちらです
旬どき・うまいもの自慢会」事務局のホームページはこちらです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 7日 (日)

「なすひかり」は食味ランキング「特A」です。

「なすひかり」は、 コシヒカリを母に持ち、粒が大きくしっかりした味が特徴のおいしいおコメです。
日本穀物検定協会が毎年発表する「米の食味ランキング」では、2年連続で最高評価の「特A」を獲得しています。対象となっている129産地品種のうち特Aにランクされているのは26産地品種のみです。

Umaimonotochigi「旬どき・うまいもの自慢会・とちぎ」では当ブログにてご紹介する栃木県内の旬の食材や料理を募集しております。こちらまでご連絡お願い致します

「とちぎの旬のうまいもの」や「集い」の情報を、「とちぎの地酒『開華』酒蔵楽通信」にて優先的にお知らせいたします!こちらからご登録を!

とちぎの地酒「開華」ホームページはこちらです
旬どき・うまいもの自慢会」事務局のホームページはこちらです

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年9月 1日 (土)

「ぐんまvsとちぎ ウマいもん合戦in桐生~グルメ・特産品大集合~」

群馬県・栃木県のグルメ・特産品を広く紹介し、さらなる誘客を図るため「ぐんまvsとちぎ ウマいもん合戦in桐生~グルメ・特産品大集合~」が実施されます。
1 日時 平成24年9月1日(土)・2日(日)10時~15時
        ※開会式は9月1日 9時30分~10時
2 場所 新川公園(群馬県桐生市稲荷町地内)
        ※まちなかイベントを同時開催。
3 主催者  ぐんまvsとちぎウマいもん合戦実行委員会
         (事務局:群馬県東部行政事務所・桐生市)
4 内容
(1)出展者【40団体】
 ・群馬県東部地域のグルメ・特産品コーナー 【20団体】
   (桐生ソースカツ丼、焼きまんじゅう、ブラジル料理等)
 ・栃木県(足利・栃木・佐野・岩舟)のグルメ・特産品コーナー 【8団体】
   (足利ソースカツ丼、佐野いもフライ、じゃがいも入り栃木やきそば等)
 ・「麺の里」両毛五市の会コーナー 【5団体】
   (桐生うどん会、上州太田焼そばのれん会、麺のまち「うどんの里館林」振興会、佐野らーめん会、足利手打ち蕎麦切り会)
  ・福島県(東日本大震災復興支援)コーナー 【2団体】
   (喜多方ラーメン、会津カレー焼きそば)
 ・観光PRコーナー 【5団体】
   (群馬県・栃木県の観光PR、わたらせ渓谷鐵道PR等)
(2)ステージイベント
 ・桐生市、みどり市の郷土芸能など
 (八木節・ダンス八木節・ジャズ演奏・和太鼓演奏・鳴子おどり)
 ・各県・市町等のご当地キャラクターによるステージ。
  ■参加予定キャラクター
   群馬県:ぐんまちゃん、キノピー、おおたん、ぽんちゃん、わ鐵のわっしー
   栃木県:とちまるくん、たかうじくん、くらボ、グレッピー、さのまる、コスもん
 
(3)ぐんまvsとちぎ人気投票
 ・群馬県・栃木県のどちらの印象が良かったかの人気投票を実施します。
 ・投票者の中から抽選で10名様に特産品等詰め合わせをプレゼントします。
(4)まちなかイベント
 ・「古民具骨董市」「買場紗綾市」「楽市蓙座」の三大市(骨董市は1日のみ)
 ・からくり人形芝居
 ・桐生八木節交流広場(1日のみ)
 ・桐生えきなか市(2日のみ)

5 その他
 ・会場には駐車場はございませんので公共交通機関をご利用ください。
 ・車でご来場される方は、ボートレース桐生駐車場に設置する臨時無料駐車場より無料シャトルバスにて会場にお越しください。 
 ・1日(土)と2日(日)の2日間、イベント開催時間に合わせ、上野と桐生を結ぶJR臨時列車「快速 ググっとぐんま桐生」が、運行します。(1日1往復) 

Umaimonotochigi「旬どき・うまいもの自慢会・とちぎ」では当ブログにてご紹介する栃木県内の旬の食材や料理を募集しております。こちらまでご連絡お願い致します

「とちぎの旬のうまいもの」や「集い」の情報を、「とちぎの地酒『開華』酒蔵楽通信」にて優先的にお知らせいたします!こちらからご登録を!

とちぎの地酒「開華」ホームページはこちらです
旬どき・うまいもの自慢会」事務局のホームページはこちらです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 1日 (水)

「藤岡冷汁(ふじおかひやしる)」って?

Aaaaaa栃木市藤岡地域(旧藤岡町)のグルメとして脚光を浴びているのが「藤岡冷汁」です。この地区で昔から食べられてきた夏の家庭料理である「藤岡冷汁」の特徴は、①麺は冷や麦、そうめんなどの細麺(夏バテで食欲が無い時でもツルツルと食べられ汁が絡んでとても美味しい) ②味付けはみそ、しょうゆ、砂糖、ごまベース ③具材はきゅうり、大葉を主体(みょうが、ねぎ、赤しそなどもあり) です。冷たく甘じょっぱいごまみそのたれに、そう麺や冷や麦などの細麺をつけて食べます。
地元藤岡産の絶品素材であるきゅうり・大葉・茗荷等を薬味として、胡麻のたっぷりと入った濃厚な味噌ダレが麺に絶妙に絡み合い、とろとろした舌ざわりと口いっぱいに広がる香ばしさが特徴です。食欲の下がる暑い夏に、昔から食べられてきた栄養満点の郷土の味です。

栃木市ホームページでは各店舗で食べられる藤岡冷汁を、量、みそ、甘み、しょうゆの4項目でチャート化し、店ごとに異なる味を分かりやすく示しています。
詳細は こちら(栃木市HP)をご参照ください。

Umaimonotochigi「旬どき・うまいもの自慢会・とちぎ」では当ブログにてご紹介する栃木県内の旬の食材や料理を募集しております。こちらまでご連絡お願い致します

「とちぎの旬のうまいもの」や「集い」の情報を、「とちぎの地酒『開華』酒蔵楽通信」にて優先的にお知らせいたします!こちらからご登録を!

とちぎの地酒「開華」ホームページはこちらです
旬どき・うまいもの自慢会」事務局のホームページはこちらです

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月 3日 (火)

夏の「吟醸酒」入荷!

Kaika_ra日本酒最大の特性は、地域や蔵元ごとに異なる味わいの多様性と、季節ごとに移ろう味わいの季節性です。フレッシュながらまだ荒々しさが残る「初しぼり」が数ヶ月の時を経て、滑らかさが加わって軽やかな口当たりに変化する時期が夏。そんな日本酒の夏におすすめなのが「夏吟醸」です。夏吟醸は、
・キリッと冷やしてもフルーティーな吟香があり、爽やかで瑞々しい味わいです
・軽やかな旨みがありスッキリと飲みやすく、飲み疲れしません
・夏の期間だけの数量限定商品です

Photo開華 「開夏の純米吟醸」
可憐な香りと旨味が軽やかにそよぎ、ほんのりとした甘味に心地良い酸味が加わった、夏向けの軽快でソフトな味わいです。飲用温度は10~15度くらいで冷やし過ぎないくらいがおすすめ。
  容量  720ml
  希望小売価格 1313円(消費税込)
  アルコール度数 15.0
  日本酒度 +2
  精米歩合 53%

Umaimonotochigi「旬どき・うまいもの自慢会・とちぎ」では当ブログにてご紹介する栃木県内の旬の食材や料理を募集しております。こちらまでご連絡お願い致します

「とちぎの旬のうまいもの」や「集い」の情報を、「とちぎの地酒『開華』酒蔵楽通信」にて優先的にお知らせいたします!こちらからご登録を!

とちぎの地酒「開華」ホームページはこちらです
旬どき・うまいもの自慢会」事務局のホームページはこちらです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 1日 (金)

コクのある「赤のクインシー」香りと果汁の「緑のタカミ」

Melon02 栃木県のメロン栽培は、真岡市、二宮町でネット系メロンが栽培されています。果肉が赤色の「クインシー」が中心で、緑色の「タカミ」、緑白色の「オトメ」の3種類があります。5月下旬~7月上旬に収穫期を迎えます。コクのある味わいの赤肉メロン「クインシーメロン」や、甘い香りと滴る果汁について太鼓判が押せる「タカミメロン」がお勧めです。


2222 メロンは、皮に傷や傷みがなく、形が整っていてずっしりと重いものを選びましょう。果柄(つるの部分)が太くて変色してないものが甘くておいしいです。ネット型(網目がある)メロンは、ネットが盛り上がり、均一に張っているものを選びましょう。
 メロンは、カリウムの宝庫と言われており、体内の塩分を排泄してくれ、さらに利尿作用があります。そのため腎臓病や高血圧に効果があるので、食塩の多い食事を摂取している現代人にぴったりのデザートです。


Umaimonotochigi「旬どき・うまいもの自慢会・とちぎ」では当ブログにてご紹介する栃木県内の旬の食材や料理を募集しております。こちらまでご連絡お願い致します

「とちぎの旬のうまいもの」や「集い」の情報を、「とちぎの地酒『開華』酒蔵楽通信」にて優先的にお知らせいたします!こちらからご登録を!

とちぎの地酒「開華」ホームページはこちらです
旬どき・うまいもの自慢会」事務局のホームページはこちらです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 1日 (火)

こんにゃく今夜食う?

11111栃木県はこんにゃくいも全国第2位の産地です。隣県群馬県・茨城県を加えると全国の約95%を占めます。種いもを植えてから毎年植替え、収穫するまでに3年ほどかかり、手塩にかけて育てられています。

Untitled_4古くから栽培されている鹿沼市では、製品としての「こんにゃく」も有名です。鹿沼市では、市のブランドとして鹿沼こんにゃくを認定しています。製造方法は江戸時代と同じ手作り製法。青のりが入ったこんにゃくや白いこんにゃくもあり、うすーく切って、おさしみにして食べるとコリコリして美味です。味噌田楽や、おでんに入れたりするのも抜群です。みなさん こんにゃく、今夜食う?

5月29日はこんにゃくの日。
『529』がこんにゃくの語韻に似た数字であること、こんにゃくは5月頃種芋を植え付けることから、5月29日を「こんにゃくの日」と制定しました。また本格的な夏を迎える前に、自らの健康状態と食生活をチェックして、こんにゃくの七つの効用を再認識して欲しいという願いも含まれています。

Umaimonotochigi「旬どき・うまいもの自慢会・とちぎ」では当ブログにてご紹介する栃木県内の旬の食材や料理を募集しております。こちらまでご連絡お願い致します

「とちぎの旬のうまいもの」や「集い」の情報を、「とちぎの地酒『開華』酒蔵楽通信」にて優先的にお知らせいたします!こちらからご登録を!

とちぎの地酒「開華」ホームページはこちらです
旬どき・うまいもの自慢会」事務局のホームページはこちらです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 1日 (日)

美味しくて栄養豊富の「にらそば」

栃木県は、そばの収穫量が全国第5位ですが、県内市町村別の第1位が鹿沼市です。『関東一のそばの郷』を目指す鹿沼市では鹿沼そばを『鹿沼産の“玄そば”を使用した“そば”であること』と定義し、生産・流通・消費を含めて振興を図っています。
鹿沼そばの定義
・長く鹿沼市内で栽培している在来の“玄そば”であること。
・鹿沼そば粉使用率100%であること。(他産のそばを含まないこと)
・そば粉含有率70%以上とする。(お土産用そば麺を除く)
特徴は、水と緑豊かな鹿沼市内で栽培した玄そばを使用した、甘みがあって、香りのいいそばです。

Llその鹿沼市で世代を超えて愛されているのが「にらそば」。
ざるの上には「そば」と、茹でた「にら」がたっぷり盛られています。口に含むとそばとにらの香りが同時にひろがります。新鮮なにらが具と薬味を兼ね、そのシャキっとした食感や風味がそばと絶妙に絡み合います。視覚的には完全に分離している素材が、ベストマッチです。
にらは栃木県が全国2位の収穫でもある特産品。鹿沼市では“いろどり”と“かさまし”を兼ねて昔からごく当たり前に食べられてきましたが、にらには高血圧の予防、コレステロール値を下げる効果、疲労回復などの効果があります。そばも多量の必須アミノ酸や毛細血管を強化するといわれているルチンを含みますので、「にらそば」は素晴らしい総合栄養食です。美味しくて栄養豊富でお腹も満足させる「にらそば」是非ご賞味ください。


Umaimonotochigi「旬どき・うまいもの自慢会・とちぎ」では当ブログにてご紹介する栃木県内の旬の食材や料理を募集しております。こちらまでご連絡お願い致します

「とちぎの旬のうまいもの」や「集い」の情報を、「とちぎの地酒『開華』酒蔵楽通信」にて優先的にお知らせいたします!こちらからご登録を!

とちぎの地酒「開華」ホームページはこちらです
旬どき・うまいもの自慢会」事務局のホームページはこちらです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 1日 (木)

シャキシャキ感たっぷりの新鮮な歯触り「那須の春香うど」

Udo01シャキシャキ感たっぷりの新鮮な歯触りと、ほろ苦い独特の香りが魅力のウド。春の到来を告げてくれる、季節感あふれる食材です。 大田原市や那須塩原市などJAなすの管内は国内有数のウドの産地。全国1の生産量を誇ります。ウドの栽培は1年以上にわたります。まずは3、4月ごろ、休耕田に種株を植えて養成。11月ごろにいったん株を掘り出して、ハウスや地中に伏せ込みます。この「伏せ込み」が2次栽培に当たり、光を当てずに芽を伸ばして、12~5月ごろまで順次、収穫していきます。とっても手間のかかる食材です。
2次栽培の方法によって、「山ウド」と「軟化ウド」の2種類に分かれます。310110udo「山ウド」は、ハウス内でもみ殻を被せて遮光しつつ、先端部分だけに光を当てながら育てます。先端部分のみが光を浴びて緑化します。軟化ウドに比べて野生の香りを強く感じます。栃木県産の山うどは、アクが少なく食べやすいのが特徴です。
Aaaaas一方、「軟化ウド」は地中に室をつくって株を伏せ込み、光を全く当てずに育てます。真っ暗な状態で白い芽を長く伸ばします。ひょろりと伸びた姿と、先端まで白い見た目が特徴です。歯ざわりも柔らかく、まろやかでアクが少ないため、皮をむいてさっと水にさらすことで、シャキシャキとした食感を楽しむことも出来ます!
JAなすの産のウドは2005年「那須の春香(はるか)うど」として商標登録されました。調理法がそれほど普及しておらず、高級食材のイメージもあるウドですが、生でも、火を通しても食べられ、皮も中身も捨てるところがなく、風味のある味わいは絶品です。
うどは、漢字で書くと「独活」。ウコギ科で日本原産の野菜です。野菜の中でも水分が多く、独血液の循環を促すタウニンなどが含まれる健康野菜。ビタミンCやカリウム、ミネラル類も豊富です。昔から、根を乾燥させて生薬としても使われており、抗酸化、抗菌作用が高くガンの防止に有効とされ、生薬では鎮静作用が高く頭痛、目眩、歯痛などに効きます。生薬名の「独活(どっかつ)」は風もないのに動いているように見えるから付いた名だそうです。

山うどとハムのごま油あえ
Untitled材料:山うど2本、きゅうり1/2本、ロースハム4枚、合わせ調味料(ごま油大さじ2、酢大さじ1、塩・こしょう少々、レモン汁少々)
①山ウドは厚めに皮をむく。②山ウドとキュウリは長さ5㎝、厚さ2㎜程度の短冊切りにして水でさらす。ロースハムも細切りにする。③器にゴマ油、酢、塩、こしょう、レモン汁を入れて良くかき混ぜ、合わせ調味料を作る。④ボールに細切りにした山ウド、キュウリ、ロースハムをいれ合わせ調味料で軽くあえる。

Umaimonotochigi「旬どき・うまいもの自慢会・とちぎ」では当ブログにてご紹介する栃木県内の旬の食材や料理を募集しております。こちらまでご連絡お願い致します

「とちぎの旬のうまいもの」や「集い」の情報を、「とちぎの地酒『開華』酒蔵楽通信」にて優先的にお知らせいたします!こちらからご登録を!

とちぎの地酒「開華」ホームページはこちらです
旬どき・うまいもの自慢会」事務局のホームページはこちらです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 1日 (水)

「立春朝搾り」発祥の地は栃木県です。

555_22月4日「立春」は旧暦のお正月にあたり、春の始まりの日。前日の「節分」の豆まきによって邪気を祓い、新たな気持ちで春を迎える大変おめでたい日です。立春の日の早朝に搾りあがったばかりの超フレッシュな新酒をその日のうちに飲んでいただこうと、平成10年に栃木県で始まったお酒が「開華 立春朝搾り」です。


2222_2当日のうちに搾り~瓶詰め~配送が必要ですので、通常の配送では不可能です。酒蔵近隣の酒販店さんが早朝より酒蔵にてラベル貼り作業を手伝い、自ら商品を持ち帰ることで、愛飲家の皆さんに当日のうちにお楽しみいただくことができます。その後この企画は全国へと広がり、15年目の今回は全国38酒蔵で開催され、全国では1日で約20万本が出荷され、「日本酒が一年のうちで最も飲まれる日」とも言われていますが、発祥の地が栃木県佐野市です。

00351酒蔵には2月4日午前7時に赤城神社の神主さんが来社され〈立春朝搾り〉に関わるすべての人の無病息災、家内安全、商売繁盛を祈願して、皆さまに幸多かれと、穢れのない新酒をお届けしています。「立春朝搾り」が『縁起酒』と呼ばれる理由です。また、このお酒には「大吉」の文字がラベル裏側に印刷されています。是非発見してみてください。

『開華 立春朝搾り』
酒質内容   純米吟醸酒(無濾過生原酒)
原料米    五百万石、美山錦(自家精米53%)
使用酵母   栃木県酵母T-F
精米開始   前年11月上旬
酒母の仕込み 前年12月下旬
もろみ仕込み 1月上旬
アルコール度数 17%(予定値)
日本酒度    -1(同上)
酸度       1.6(同上)

Umaimonotochigi「旬どき・うまいもの自慢会・とちぎ」では当ブログにてご紹介する栃木県内の旬の食材や料理を募集しております。こちらまでご連絡お願い致します

「とちぎの旬のうまいもの」や「集い」の情報を、「とちぎの地酒『開華』酒蔵楽通信」にて優先的にお知らせいたします!こちらからご登録を!

とちぎの地酒「開華」ホームページはこちらです
旬どき・うまいもの自慢会」事務局のホームページはこちらです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 1日 (日)

この時期は「温泉でトラフグ」

寒いこの時期はやはり温泉で温まって温泉後はトラフグで・・・という話ではありません。
海の無い栃木県で・・・不思議に思われますが、栃木県で育てられる海魚が高級魚であるトラフグ(虎河豚)です。トラフグは、海水ではなく、温泉の水で育てられます。

Tora県北東部の那珂川町は、アユの漁獲量日本一の那珂川が東西に流れる町ですが、同町でわき出る温泉に着目し、海水魚の養殖に適していると判断。廃校になった小学校の教室内に養殖用プールを造り温泉水を運び入れて「トラフグ」の養殖に乗り出しました。温泉水を使ったトラフグの養殖の最大の利点は、トラフグの生育が早いこと。通常、海上養殖は出荷まで1年半かかるとされますが、温泉養殖は1年程度で出荷できるそうです。年間を通じ水温を一定に保てるため、水温低下に伴う冬場の食欲の落ち込みを防げるそうです。海のない栃木がフグ産地としてしられるようになるのも間もなくです。『栃木と言えば、トラフグ』です。

昨夏から本格出荷が始まった那珂川町産の「温泉トラフグ」は那須町のホテルエピナール那須、那須高原TOWAピュアコテージなどでフグ料理の提供をしています。「一般的な養殖トラフグより安価にもかかわらず、温泉トラフグはアミノ酸などうまみ成分が濃い」そうです。


Umaimonotochigi「旬どき・うまいもの自慢会・とちぎ」では当ブログにてご紹介する栃木県内の旬の食材や料理を募集しております。こちらまでご連絡お願い致します

「とちぎの旬のうまいもの」や「集い」の情報を、「とちぎの地酒『開華』酒蔵楽通信」にて優先的にお知らせいたします!こちらからご登録を!

とちぎの地酒「開華」ホームページはこちらです
旬どき・うまいもの自慢会」事務局のホームページはこちらです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 1日 (木)

イチゴ王国の新品種「栃木i27号」

111122ichigo02収穫量43年連続日本一のイチゴ王国栃木県のメガブランドが「とちおとめ」ですが、「とちおとめ」の後継となる新品種「栃木i27号」が発表されました。栃木県農業試験場いちご研究所が開発し、極めて大粒なのが特徴で、糖度と酸度のバランスにも優れています。今後2年間の栽培技術確立・検証を経て、14年冬に初出荷される見通しです。収穫量43年連続日本一のイチゴ王国に、強力な援軍の誕生です。

Ll「栃木i27号」は平均重量26グラムで、とちおとめの15グラム、福岡県産あまおうの21グラムよりも大きく、円すい形、濃い橙赤色で、光沢のある美しい外観。ジューシーでさわやかな甘さです。果形が美しいことから贈答用としての需要が期待されています。

111122ichigo01「いいイチゴの日」の11月15日、イチゴの頭文字「i」を付け、農林水産省に品種登録を出願しました。登録には3年かかる見通しで、12月1~28日に販売時の愛称を募集し、来年11月ごろに正式発表予定です。栃木県の福田富一知事は「食感、食味、収量、輸送性も良く、八方良しの優れもの。福岡県産のあまおうに負けないイチゴができた」と笑顔でアピールです。


Umaimonotochigi_3「旬どき・うまいもの自慢会・とちぎ」では当ブログにてご紹介する栃木県内の旬の食材や料理を募集しております。こちらまでご連絡お願い致します

「とちぎの旬のうまいもの」や「集い」の情報を、「とちぎの地酒『開華』酒蔵楽通信」にて優先的にお知らせいたします!こちらからご登録を!

とちぎの地酒「開華」ホームページはこちらです
旬どき・うまいもの自慢会」事務局のホームページはこちらです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 1日 (火)

10月中旬~11月は「にっこり」です

Nikkori01


 栃木の「なし」は生産者が長年培ってきた高い生産技術により栽培されていますが、10月中旬~11月には「にっこり」が出回ってきます。
  「にっこり」は、父が味の良い「豊水」、母さんが豊満な「新高」のかけ合わせで、国際観光地の日光と、梨の音読み「リ」を合わせて「にっこり」と名付けました。実は大きいものでは1.3キログラムを超えるものもあります。果肉は柔らかく、糖度が高く、ジューシーでおいしい梨です。見た目にも味にもすごい梨となっています。「にっこり」は、冷暗所に保存し ておけばお正月までおいしくいただけます。
 果実が大きいほど、糖度が高い傾向にあります。色つやがよく、張りがあって手に持ったときに重みを感じる果実を選びましょう。


Umaimonotochigi「旬どき・うまいもの自慢会・とちぎ」では当ブログにてご紹介する栃木県内の旬の食材や料理を募集しております。こちらまでご連絡お願い致します

「とちぎの旬のうまいもの」や「集い」の情報を、「とちぎの地酒『開華』酒蔵楽通信」にて優先的にお知らせいたします!こちらからご登録を!

とちぎの地酒「開華」ホームページはこちらです
旬どき・うまいもの自慢会」事務局のホームページはこちらです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月17日 (月)

「佐野グルメまっぷ」

  「旬どき・うまいもの自慢会・とちぎ」では、佐野市の美味しく食べる店・呑める店を掲載した「佐野グルメまっぷ」を作成して今月から無料配布予定です。
 地元の食を応援する当会では、地元市民はもちろんのこと、観光やビジネスで来訪する市外県外の方々が利用しやすい飲食店マップが必要として、佐野市又は栃木県内の食品を積極的に取り扱う意志のある飲食店を自薦他薦の中から厳選して121店を厳選して掲載し、初版2万部が市内外各所で無料配布されます。現在最終校正中で、月内の配布を目指しています。
 
2310


2310_2


Umaimonotochigi_2「旬どき・うまいもの自慢会・とちぎ」では当ブログにてご紹介する栃木県内の旬の食材や料理を募集しております。こちらまでご連絡お願い致します

「とちぎの旬のうまいもの」や「集い」の情報を、「とちぎの地酒『開華』酒蔵楽通信」にて優先的にお知らせいたします!こちらからご登録を!

とちぎの地酒「開華」ホームページはこちらです
旬どき・うまいもの自慢会」事務局のホームページはこちらです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 1日 (木)

梨 ~みずみずしい秋の使者~

Nasi01


いよいよ梨の季節がやってきました。栃木県は生産量全国5位を誇る梨の名産地。品種は、水分が多く甘みのある「幸水」「豊水」が全体の9割近くを占めていますが、果肉がやわらかく甘い新品種の「あきづき」や大玉で甘い晩生種の「にっこり」も増えてきています。

 出荷は、8月中旬から「幸水」、9月中旬から「豊水」、下旬から「あきづき」、11月中旬からが「にっこり」。梨は、果実の90%近くが水分で、熱を下げるほか、咳止めの効果もあるそうです。
冷やしすぎるとせっかくのおいしさを感じにくくなります。食べる2時間まえから冷やすのがベスト。シャリッとかじると果汁がジュワー!

梨についての詳細は、下記ご参照ください。
 ▽(社)とちぎ農産物マーケティング協会「梨」▽
  http://tochigipower.com/staticpages/index.php?page=c-203nasi


「旬どき・うまいもの自慢会・とちぎ」では当ブログにてご紹介する栃木県内の旬の食材や料理を募集しております。こちらまでご連絡お願い致します

「とちぎの旬のうまいもの」や「集い」の情報を、「とちぎの地酒『開華』酒蔵楽通信」にて優先的にお知らせいたします!こちらからご登録を!

とちぎの地酒「開華」ホームページはこちらです
旬どき・うまいもの自慢会」事務局のホームページはこちらです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 1日 (月)

ぽくぽくほくほく優しい甘味、たっぷり

ぽくぽくほくほく優しい甘味、たっぷり
お尻が突き出ている独特の風貌がとてもユニーク。ぽくぽくと甘~い味わいは料理にもおやつにもマル!果肉のオレンジ色は食卓に彩りを添えてくれます。

かぼちゃといえばβカロチン
目の健康、免疫機能の向上、シワや肌荒れの防止…など、とにかく体にいいことずくめのβカロチンをたくさん含んでいます。自然の甘さを口いっぱいに頬張りましょう。

Nakayama08 「中山かぼちゃ」は、かぼちゃ好きに知られた、美味しいかぼちゃです。上品な甘さとポクポクとした食感、このかぼちゃの美味しさは一度食べたらやみつきになります。東京や横浜から宅配便の注文が多い理由も、この美味しさにあります。
 このかぼちゃは、戦後、北海道の開拓者が作っていたものが、「山あげ祭り」で有名な烏山町の中山地区に伝わり、この地の生産農家が、毎年自分で種を取り、栽培を続けてきました。名前の「中山」は烏山町の中山に由来しています。栽培が難しく土地を選ぶので、生産量も限定されています。

 栽培の基本はなんといっても土づくり。10a(300坪)に1トン程度の堆肥を入れます。烏山町は周りに雑木林がたくさんあるので、落ち葉を堆肥として利用している人もいます。それから、なんといっても完熟収穫。花が咲くと人為的に交配しますが、この交配した日から"55日"以降に収穫することがポイントです。この55日以降の収穫を守ることで、完熟したポクポク感のあるかぼちゃを食べてもらうことができる、というわけです。

 8月上旬から9月が中山かぼちゃの旬の時期です。県内のスーパーやJAでの直売・宅配でお求めいただけます。ぜひ、美味しい「中山かぼちゃ」をご賞味ください。


Nakayama11
大学かぼちゃ
材料(4人分)
  中山かぼちゃ 1/2個
  砂糖 大さじ6
  しょうゆ 少々
  水 大さじ2
  煎りゴマ 小さ2
  揚げ油 適量
作り方
①かぼちゃは種を取って、一口大に切る  ②揚げ油を熱し①を入れカラっと揚げる  ③鍋に分量の砂糖・水を入れて火にかけ、あめ状にし、しょうゆを加え、②とごまを加えてかからめます。

Umaimonotochigi「旬どき・うまいもの自慢会・とちぎ」では当ブログにてご紹介する栃木県内の旬の食材や料理を募集しております。こちらまでご連絡お願い致します

「とちぎの旬のうまいもの」や「集い」の情報を、「とちぎの地酒『開華』酒蔵楽通信」にて優先的にお知らせいたします!こちらからご登録を!

とちぎの地酒「開華」ホームページはこちらです
旬どき・うまいもの自慢会」事務局のホームページはこちらです

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年7月 1日 (金)

全国の95%以上を占める特産品です

Knowledge_img1 「かんぴょう」は、ウリ科の「夕顔」の実を皮を薄くひも状にむくように細長く削り、夏の太陽光で2日間にわたり干し上げた乾物食品です。現在、国内でかんぴょうが生産されているのは栃木県と茨城県の一部で、最盛期は7~8月です。栄養的にもカルシウム・カリウム・リン・鉄分等が多く含まれ、繊維質の豊富な健康食品で体内のビフィズス菌を増やす働きがあるため、便通がよくなります。便秘がちな方、妊産婦、お年寄りの方にも適切な健康食品です。さらに、体内の不純物を放出してくれるので大腸ガン予防や肥満予防、ダイエット効果も期待できます。

Kanpaaao02
 栃木県のかんぴょうは栽培は、300年近い歴史をもち、栽培面積・生産量とも全国の95%以上を占める特産品です。収穫は7~8月にかけて行われ、真夏の農家の庭先きでのかんぴょうむきは、栃木の風物詩です。最近では、中国産の流通もありますが、輸入品に比べて安全で質がよく、自信をもってお奨めできる逸品です。

Aaaa

「旬どき・うまいもの自慢会・とちぎ」では当ブログにてご紹介する栃木県内の旬の食材や料理を募集しております。こちらまでご連絡お願い致します

「とちぎの旬のうまいもの」や「集い」の情報を、「とちぎの地酒『開華』酒蔵楽通信」にて優先的にお知らせいたします!こちらからご登録を!

とちぎの地酒「開華」ホームページはこちらです
旬どき・うまいもの自慢会」事務局のホームページはこちらです

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年6月 1日 (水)

目にしみる成分が血液をサラサラに

Onion01 たまねぎは常備野菜としてなじみの野菜ですが、特有の辛みと切ったときに目にしみる刺激成分にいろいろな薬効があります。この成分はねぎ類に共通する硫化アリルで、血液の凝固を抑制し、血液をサラサラにする働きがあるので、血栓や動脈硬化の予防になります。また、コレステロールの代謝促進や血栓予防に効果があります。
 表皮に傷がなく、よく乾いてツヤがあるものを選びましょう。重量感があり、首が細くよくしまっているものがよいものです。

 たまねぎの全国生産量約5割を占める北海道産が春まき栽培の7月以降に収穫できる晩生なのに対して、栃木県のたまねぎ栽培(秋まき栽培)は、前年9月に種をまき、10月下旬から11月初旬に苗を植え、たまねぎが十分に肥大した5月下旬頃から7月までが収穫時期となり、まさに今が旬です。収穫したたまねぎは、貯蔵性を高めるため、乾燥・調製作業を行った後、関東地方を中心に出荷されています。

Onion02
玉ねぎフライとポークの生姜焼き(4人前)
材料
  豚薄切り肉 320g
  玉ねぎ 2ケ
  とき卵 1個分
  小麦粉・パン粉 各適宜
  揚げ油 適宜
  生姜焼きのたれ(市販のものでも可)
    生姜 20g
    しょうゆ 大さじ3
    みりん 大さじ1
    酒 大さじ1
    砂糖 少量
作り方
①玉ねぎを1個ずつ、フライ用と炒める用と、別々の切り方にする。 ②フライ用として玉ねぎ1個は、幅1㎝位の輪切りにする。 ③炒める用として、残り1個は縦薄切りにする。 ④輪切りにした玉ねぎは、皮3枚位の輪にして衣をつける。 ⑤衣をつけた玉ねぎを油で揚げる。 ⑥フライパンに油を引き、輪切りで残った玉ねぎの芯と縦薄切りにした玉ねぎを炒める ⑦玉ねぎがしんなりしたら豚肉を加えて炒め、肉に火が通ったら生姜焼きのたれを加えて軽くからめる。 ⑧大きめな皿に玉ねぎフライを並べ、中央に豚肉の生姜焼きを盛りつける


「旬どき・うまいもの自慢会・とちぎ」では当ブログにてご紹介する栃木県内の旬の食材や料理を募集しております。こちらまでご連絡お願い致します

「とちぎの旬のうまいもの」や「集い」の情報を、「とちぎの地酒『開華』酒蔵楽通信」にて優先的にお知らせいたします!こちらからご登録を!

とちぎの地酒「開華」ホームページはこちらです
旬どき・うまいもの自慢会」事務局のホームページはこちらです

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年5月 4日 (水)

「栃木を食べよう がんばろう東日本!」

旬どき・旨いもの自慢会・とちぎでは「栃木を食べよう がんばろう東日本!」プロジェクトに賛同しています。

Totigi1_2

「栃木を食べよう がんばろう東日本!」プロジェクト推進趣意書
 東日本大震災及び福島第一原子力発電事故は、これまで栃木県民が経験したことの無い未曾有の大災害であり、さらには、その直接的な影響に加えて風評被害も発生し、県内の農業、食品関連事業者は大打撃を受け、地域経済の悪化が懸念されています。
 このような危機的状況のもと、今こそ、個人、企業、団体等の幅広い参加者が集い、それぞれの主体が統一のコンセプトのもとに、自発的に県産農産物の利活用や消費を進め、農業の再生と地域経済の活性化を図っていく運動の推進が必要となっています。
 そこで、趣旨に賛同する者が自由に参画できるプロジェクトとして「栃木を食べよう がんばろう東日本!」を推進することとし、参加者の輪を広げるホームページの設置、共通ロゴマーク等の作成と無償提供、参加者による創意工夫を凝らした活動の展開を参画者のなど通じて「栃木を食べよう がんばろう東日本!」プロジェクトの幅広い展開を図り、未曾有の震災からの再生を目指していくものとする。
  平成23年4月10日
    「栃木を食べよう がんばろう東日本!」プロジェクト発起人会
      発起人代表 株式会社ファーマーズ・フォレスト
                 代表取締役 松本 謙
      発起人   株式会社ファーム・アンド・ファーム・カンパニー
                 代表取締役 藤井大介
              株式会社グリーンデイズ
                 代表取締役 林書緯
              シェフズ株式会社  
                 代表取締役 菅野有美
              オトワレストラン オーナーシェフ 音羽和紀
              栃木県農業士会長 平出孝司
              栃木県女性農業士会長 相良律子 


「旬どき・うまいもの自慢会・とちぎ」では当ブログにてご紹介する栃木県内の旬の食材や料理を募集しております。こちらまでご連絡お願い致します

「とちぎの旬のうまいもの」や「集い」の情報を、「とちぎの地酒『開華』酒蔵楽通信」にて優先的にお知らせいたします!こちらからご登録を!

とちぎの地酒「開華」ホームページはこちらです
旬どき・うまいもの自慢会」事務局のホームページはこちらです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 1日 (日)

高級アスパラガス「アスパラリン」

5_8
宇都宮の高級アスパラガスが「アスパラリン」。太さや重さの一定の基準を超えたものだけが認定され、太さが10円玉を超える物を『プレミアム』として市場に出ています。バーナーで土壌を殺菌したりと、農薬に頼らない農法で作られています。アスパラガスは、ユリ科の多年草。葉のように見えるものは、実際は極端にほそく細かく分枝した茎で、本来の葉は鱗片状に退化しています。若いうちに摘み取った茎を食用とし、土を被せて育てた白いものをホワイトアスパラガスといい、それに対して普通に育てた緑色のものはグリーンアスパラガスといいます。

2009_02_03_2_upload3
「歯ごたえシャキッ 柔らかくてもシャキッ」
鮮やかな緑!色、ツヤも良く食欲をそそります。食感は繊維質の残らない歯切れの良いやわらかさ。さっと茹でてしゃくっと食べれば、豊かな味わいが口いっぱいに広がります。アスパラガスは、穂先が柔らかく、根本が堅いので1本をゆでる際には、始めに立ててゆで、その後横にねかせてゆでると全体に均一にゆであげることができます。

2009_02_03_2_upload2
「お疲れ気味のあなたに・・・アスパラギン酸」
疲労回復に効果てきめんと話題のアスパラギン酸は、アスパラガスにたくさん含まれているため、その名前が付きました。また、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンE、葉酸などを含み滋養強壮に効果があります。部位別に見ると、穂先にはルチンが多く含まれており、動脈硬化や高血圧の予防に効果があると言われています。ちょっと疲れたな…というとき、食卓の一品に加えてはいかがでしょうか?


「旬どき・うまいもの自慢会・とちぎ」では当ブログにてご紹介する栃木県内の旬の食材や料理を募集しております。こちらまでご連絡お願い致します

「とちぎの旬のうまいもの」や「集い」の情報を、「とちぎの地酒『開華』酒蔵楽通信」にて優先的にお知らせいたします!こちらからご登録を!

とちぎの地酒「開華」ホームページはこちらです
旬どき・うまいもの自慢会」事務局のホームページはこちらです

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月 1日 (金)

ビタミン豊富なスタミナ野菜! ~この時期おすすめ!とちぎのニラ~

栃木県は、ニラの出荷量が全国第2位(作付面積は第1位。広い土地で贅沢に作っています)。東京中央卸売市場では、昭和55年から連続出荷量第1位で、占有率は約3割を誇っています。栃木県のにらは肉厚で香り高く、県内外で好評を得ています。もちろん美味しいだけでなく、ビタミンも豊富でスタミナ満点なにらの魅力を紹介します。

Niraにらには、独特のにおいがありますが、その成分は硫化アリルで、(1)消化酵素の分泌を活発にする、(2)ビタミンB1の吸収を高めるなど重要な役割を担っています。食欲増進の効果もありますから、豊富な栄養分と合わせて、にらはスタミナ野菜の名に恥じぬ働きをします。また、にらに多く含まれるビタミンA(カロチン)は、肌のカサつきを防ぎ、潤いを与える働きがあります。ビタミンAには疲労回復や体を温める効果がありますので疲れやすい方や冷え性の方におすすめです。さらに、ビタミンCも豊富で、その他、疲労回復・肩こりなどに良いとされているビタミンB1・B2もバランス良く含んでいますし、カルシウムやカリウム、鉄分、食物繊維を豊富に含む栄養食品です。

にらは、年に数度の収穫が可能で1年を通じて出荷がありますが、旬は冬から春。この時期のにらは肉厚で甘さも強く特においしいです。選ぶときは葉の幅が広く肉厚で、色は濃緑色で葉先までピンと伸びているものを。切り口が瑞々しく香りが強いものが新鮮です
栄養たっぷりでスタミナ抜群!有機質肥料を施しじっくり育てているため、甘味があって風味がよく味わいに深みがあります。

Nirasobaにらは、食べると体が温まり精力が付く野菜として重宝されてきました。また独特の香りが魚や肉の生臭さをやわらげ、食材の旨みを上手に引き出します。特に中華料理には欠かせない野菜です。栃木県宇都宮市は言わずと知れた「餃子のまち」ですが、これも栃木のおいしいにらがあればこそ。たくさん食べてスタミナをつけましょう。栃木県内では、ニララーメンやニラコロッケ、ニラそばなどもお楽しみいただけますがもっとも簡単なにら料理は・・・

Nira2にら納豆(1)にらは5cm長さに切り、サッと塩ゆでして、ざるに上げて水気をきる。
(2)ボウルに(1)のにら、納豆、ごま油、めんつゆ、練りがらしを加えて混ぜ合わせる。


「旬どき・うまいもの自慢会・とちぎ」では当ブログにてご紹介する栃木県内の旬の食材や料理を募集しております。こちらまでご連絡お願い致します

「とちぎの旬のうまいもの」や「集い」の情報を、「とちぎの地酒『開華』酒蔵楽通信」にて優先的にお知らせいたします!こちらからご登録を!

とちぎの地酒「開華」ホームページはこちらです
旬どき・うまいもの自慢会」事務局のホームページはこちらです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 1日 (火)

両毛地区の春を呼ぶ野菜「かき菜」

Kakina01佐野市を始めとする両毛地域で栽培されている伝統野菜で、両毛地区では「春を呼ぶ野菜」として古くから親しまれてきました。茎の繊維がしっかりしているため、手で欠いて収穫することから「かき菜」と名付けられたと言われています。11月~4月まで食べられますが、霜にあたった今の時期(2月~3月)のものが甘味も強く最高です。クセの無いおいしさでいろいろな料理とも合わせられます。花茎はアスパラガスのような風味で、あくが少なく甘みがあり、天ぷらやおひたしに最適。さっぱりとした春の味覚に舌鼓を打ちましょう!

かき菜には、目に良いビタミンA、お肌に良いビタミンCがほかの野菜に比べ、バツグンに多く含まれています。また、カルシウムはホウレンソウの約2倍の量が含まれ、βカロテン,ビタミンB1・B2、鉄分、なども豊富に含んでいます。旬が春だけに、体にも春を運んでくれるとってもやさしい野菜なのです。

かき菜のナムル
Kakina03材料  かき菜 1袋、ねぎ・しょうが・にんにく 各適宜、合わせ調味料(しょうゆ大さじ2 ゴマ油・砂糖・みりん各小さじ1 ごま・一味とうがらし・塩各少々)

作り方 ①かき菜を塩を入れた熱湯でさっと茹でて水にさらす。②水にさらしたかき菜を軽く絞って5cmの長さに切る。③ねぎ、しょうが、にんにくはみじん切りにして、合わせ調味料とよく混ぜる。④かき菜を加える。


「旬どき・うまいもの自慢会・とちぎ」では当ブログにてご紹介する栃木県内の旬の食材や料理を募集しております。こちらまでご連絡お願い致します

「とちぎの旬のうまいもの」や「集い」の情報を、「とちぎの地酒『開華』酒蔵楽通信」にて優先的にお知らせいたします!こちらからご登録を!

とちぎの地酒「開華」ホームページはこちらです
旬どき・うまいもの自慢会」事務局のホームページはこちらです

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年2月 1日 (火)

今しかない!出流の寒中寒晒し(かんざらし)そば

Dsc09479a_2寒晒し蕎麦とは・・・秋に収穫した蕎麦の実を、1月の大寒の日を目処として3日間ほど凍るような清流に晒してアク抜きをします。これを引き上げて厳寒の戸外で晴天続きを見計らい寒い風と紫外線の強い太陽光線で晒して乾燥させて作ります。

蕎麦の雑味が取れて、ほのかな甘みと香り豊かでまろやかな味わいを持ちます。昔から作られていた手法ですが、手間がかかるため今では作り手の少なくなっている幻の蕎麦です。

Dsc09374_2栃木市出流山満願寺「不動の滝」の霊水に約10日間、新そばの実を浸けてから寒風にさらす手法で作られた出流の「寒晒しそば」は、そばの実に含まれている余分な灰汁や、雑味を除去することで、上品な甘みのある、より香り豊かな喉ごしの良いそばになります。2月1日より限定1万食です。

Dsc09456栃木市出流にて1月20日(木)に第3回「寒晒しそば祭り」が開催されました。出流山満願寺奥の院大悲の滝で身を清めた後、本堂前で「寒晒しそば」奉納そば打ちを行われました。その後、寒晒しそばの成功や技術の向上を祈願した「そば奉納護摩」、不動の滝下において殻そば冷水浸し作業、寒晒しそばの提供が行われました。

「旬どき・うまいもの自慢会・とちぎ」では当ブログにてご紹介する栃木県内の旬の食材や料理を募集しております。こちらまでご連絡お願い致します

「とちぎの旬のうまいもの」や「集い」の情報を、「とちぎの地酒『開華』酒蔵楽通信」にて優先的にお知らせいたします!こちらからご登録を!

とちぎの地酒「開華」ホームページはこちらです
旬どき・うまいもの自慢会」事務局のホームページはこちらです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 1日 (土)

この時期の鍋には欠かせない「栃木の春菊」

 Syungiku02葉肉が厚く甘味があると有名な「栃木の春菊」。緑黄色野菜の少ない冬場には貴重な野菜として、鍋物などで親しまれています。βカロテンやビタミンB2、カルシウムなど豊富な栄養成分が含まれ、コマツナやホウレンソウよりも栄養成分の含有量は多くなっており、独特の香り成分が健康に良いともいわれています。
茎が細く、やわらかいもの、切り口の断面がみずみずしいものを選びましょう。葉がみずみずしく、鮮やかな緑色で、香りの強いものが新鮮なよいものです。


Syungiku04春菊の香りあえもの(4人前)
香味野菜がたくさんとれます。ねぎの好きな方は、分量を多めにしてもよいでしょう。なんといっても、お酒のおつまみに最高です。
材料  春菊200g にら100g ねぎ1本 しょうゆ小さじ1 ごま少々 かつおぶし少々 
作り方  ①春菊とにらは茹でて3cm程度に切りそろえる。②ねぎはみじん切りにし、布巾に包み水さらしをして良く水けを切っておく。③春菊、にら、ねぎを混ぜ合わせ、しょうゆで味を整える。④皿に盛って、ごま、かつおぶしをふりかける。


Syungiku02_2春菊のかき揚げ(4人前)
材料  春菊1/2 袋、ほたて小柱又はほたて150g、桜えび10g、小麦粉200g、卵黄2ケ、水180cc、揚げ油適宜
作り方  ①春菊は、茎の固い部分を2cm位に、柔らかい部分は5cm位の長さに切る。②ボールに小麦粉、卵黄、水をいれ良くかき混ぜて衣をつくる。③衣に春菊、ほたて小柱、桜えびをいれ、まんべんなくからませ、熱した揚げ油で形を整えながら揚げる。


「旬どき・うまいもの自慢会・とちぎ」では当ブログにてご紹介する栃木県内の旬の食材や料理を募集しております。こちらまでご連絡お願い致します

「とちぎの旬のうまいもの」や「集い」の情報を、「とちぎの地酒『開華』酒蔵楽通信」にて優先的にお知らせいたします!こちらからご登録を!

とちぎの地酒「開華」ホームページはこちらです
旬どき・うまいもの自慢会」事務局のホームページはこちらです

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年12月 1日 (水)

甘でっかい「とちおとめ」

Itigo3_3


栃木の農産物のなかでも全国的に知られている「とちおとめ」。鮮やかな赤色と綺麗な形状はもちろんのこと、その甘さとみずみずしさは、数あるイチゴのなかでも特に秀でています。
「とちおとめ」は、栃木県農業試験場で育成され、大粒で甘くて消費者に好評であり、関東から東北を中心に栽培され、日本で一番栽培されているいちごの品種です。甘くてジューシーな「とちおとめ」をひと口食べれば、とても幸せな気分です。

Ichigo01_2


栃木は生産量日本一のいちご王国。鮮やかな赤色と大きくて甘さの多い「とちおとめ」は日本を代表する人気品種。おいしい食べ方は、まずヘタを取って、ヘタのついていた方から食べましょう。いちごは先端のとんがっている方が甘味が多く、ヘタのついていた方から食べると、最後に甘いところを食べられます。「とちおとめ」はミルクをつけなくてもおいしい、甘くて大きい、言わば「甘でっかいとちおとめ」です。

栃木県内のいちごの9割以上が「とちおとめ」です。冬の日照時間が長く、肥沃な土とおいしい水に恵まれた栃木県はいちご栽培の適所。毎年11月中旬から5月の初旬までいちごの良い香りに包まれます。

新鮮な野菜や果物が少なくビタミンCが不足しがちな寒い冬こそ、いちごを上手に食べてビタミンCを補給です。いちご1粒あたりレモン半個分ものビタミンCが含まれていて、成人1人分の1日あたりの必要量は50mgといわれていますが、これはいちご5粒分。ビタミンCには新陳代謝を高める効果がありますので、シミ・ソバカス・小ジワ・肌荒れなどの肌のトラブルに有効な他、ウィルスや細菌に対する抵抗力(免疫機能)を高め、風邪などの感染症を予防する効果もあります。

「旬どき・うまいもの自慢会・とちぎ」では当ブログにてご紹介する栃木県内の旬の食材や料理を募集しております。こちらまでご連絡お願い致します

「とちぎの旬のうまいもの」や「集い」の情報を、「とちぎの地酒『開華』酒蔵楽通信」にて優先的にお知らせいたします!こちらからご登録を!

とちぎの地酒「開華」ホームページはこちらです
旬どき・うまいもの自慢会」事務局のホームページはこちらです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 1日 (月)

とちぎのジビエ「イノシシ肉(『八溝ししまる』)」

◎那珂川町のイノシシ肉
「ジビエ」という言葉、耳にしたことありますか?「あー地冷えね!ここのところ寒いから地面が冷えてるもんね!」って・・・違う~
フランス語で、狩猟によって食材として捕獲された野生鳥獣を意味しています。とちぎのジビエといえば・・八溝の山々を元気に走り回っていた那珂川町のイノシシの肉!農産物等に被害を及ぼしていたため捕獲したイノシシの肉を町の特産品その名も『八溝ししまる』として販売しています。『馬頭温泉郷』や『道の駅ばとう』、『ばとう手作りハム工場』等でイノシシ肉を使った料理を食べることができます。

 ▽那珂川町役場HPの関係ページはこちら
 
那珂川町では、農作物に被害を及ぼし年々増加していることで個体数調整の対象となり、今まで自家消費されていた野生のイノシシの肉を、イノシシ肉加工施設で加工し、肉の一般販売をしています。
 八溝の山並みを元気に走り回っていた100パーセント天然のイノシシです。定番の『ぼたん鍋』をはじめ、『焼肉』や『角煮』など、様々な味わい方がたのしめます。

このマークが目印です
200906231014
シンボルマーク
『八溝ししまる』

那珂川町では、当地方の特産品として安心して口にして頂ける、美味しいイノシシ肉の提供を目指しております。また那珂川町の『馬頭温泉郷』や『道の駅ばとう』、『ばとう手作りハム工場』等でイノシシ肉を使った料理を食べることができます。今後とも新しい特産品のひとつとして、イノシシ肉の取扱店は順次拡大していく予定です。那珂川町にお出かけの際はぜひイノシシ料理をご賞味ください。


「旬どき・うまいもの自慢会・とちぎ」では当ブログにてご紹介する栃木県内の旬の食材や料理を募集しております。こちらまでご連絡お願い致します

「とちぎの旬のうまいもの」や「集い」の情報を、「とちぎの地酒『開華』酒蔵楽通信」にて優先的にお知らせいたします!こちらからご登録を!

とちぎの地酒「開華」ホームページはこちらです
旬どき・うまいもの自慢会」事務局のホームページはこちらです

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年10月 1日 (金)

いもフライ

987いもフライは、蒸かしたジャガイモを一口大に切り、小麦粉とパン粉などで作った衣につけ、串に刺して油で揚げた料理です。群馬・栃木両県にまたがる両毛地域、その中でもとりわけ栃木県佐野市では、街中いたるところで食べられます。甘味とホクホク感のあるジャガイモが、甘すぎないソースとマッチしています。

1258
焼きそばなどと併売する小店舗が多いのですが、八百屋、精肉店、駄菓子屋、スーパーの惣菜売り場などでも扱っており、祭の露店でも必ず見かけます。佐野市においては、いもフライを扱う店が50軒ほどと非常に多く、いもフライをメインに扱う専門店もかなりあります。
Din_fp_a_s


いもフライの作り方
①じゃがいも(男爵、北あかり)を洗い、少し堅めに蒸かす。
② まだ温かいうちに皮をむく。
③ むいたじゃがいもを冷やす。
④ 冷やされたじゃがいもを切る。いもの大きさよって違うが、6分の1や8分の1ぐらいの大きさに…
⑤ 竹串に3個~4個を刺す。
⑥ 小麦粉に水を加え、耳たぶぐらいの硬さにする。(牛乳や卵を加えるとおいしくなります。)
⑦ 串に刺したじゃがいもを⑥で作ったものにつけ、パン粉(ドライでも生でもよい)をつける。
⑧ 170℃~180℃で揚げる。小麦色になったらできあがり。
⑨ 温かいうちに専用ソースをつける。上からかけるよりも、深めの皿にソースを入れ、いもフライを浸し、染みこませた方がおいしくなる。

「旬どき・うまいもの自慢会・とちぎ」では当ブログにてご紹介する栃木県内の旬の食材や料理を募集しております。こちらまでご連絡お願い致します

「とちぎの旬のうまいもの」や「集い」の情報を、「とちぎの地酒『開華』酒蔵楽通信」にて優先的にお知らせいたします!こちらからご登録を!

とちぎの地酒「開華」ホームページはこちらです
旬どき・うまいもの自慢会」事務局のホームページはこちらです

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年9月 1日 (水)

「足利佐野めんめん街道」

1260938900611

栃木県南部に位置する足利市、佐野市、栃木市出流町は、そば打ちの技術やそばの生産に秀でるとともに、二毛作による麦の生産が盛んで粉食文化豊かな地域です。


1245202200899 『足利佐野めんめん街道』(総延長約35km)は、国道293号線をメイン街道に、「そば」「うどん」「佐野らーめん」や、足利名物「ポテト入り焼きそば」、葛生の郷土食「耳うどん」などの多彩な麺で、魅力あふれる地域です。 1245202200700
ぜひ足利佐野のおいしい”めんめん”をお楽しみください!
足利佐野めんめん街道推進協議会では、各種イベントを開催しています。詳細はこちらをご参照ください。


22258_2全国各地の麺文化の発達している地域は、いずれもきれいな水の地域でもあります。めんめん街道の栃木県南部地域は、北側に山々があり、きれいな水が豊富に存在しています。地域の中心に位置する出流原弁才天の湧水は、日本名水百選にも選ばれています。きれいな水から作られるお酒が日本酒。各種めんめんといっしょにお飲みいただきたいのは「開華 純米酒」。お米の旨味を感じさせながらも、軽快でソフトな味わいの、気負わず楽しめる純米酒です。なめらかな旨さが、めんめんとの相性抜群です。

「旬どき・うまいもの自慢会・とちぎ」では当ブログにてご紹介する栃木県内の旬の食材や料理を募集しております。こちらまでご連絡お願い致します

「とちぎの旬のうまいもの」や「集い」の情報を、「とちぎの地酒『開華』酒蔵楽通信」にて優先的にお知らせいたします!こちらからご登録を!

とちぎの地酒「開華」ホームページはこちらです
旬どき・うまいもの自慢会」事務局のホームページはこちらです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 1日 (日)

口の中でサラリと解ける「天然かき氷」

Nnnnnnnn


暑い日が続きますが、夏の風物詩といえば「かき氷」。しかし、このかき氷はそこらへんのかき氷とは全く違った逸品です。天然氷屋さんが作る「天然かき氷」。ふわふわできめ細かい氷は、柔らかな新雪のようにサラサラで、口の中で一瞬で溶けてしまう優しく繊細な味わいです。氷がきめ細かいからでしょうか、上からかけたシロップもかき氷全体に均等に行きわたり、どこから食べても美味しくいただけます。また、口のなかでサラリと溶けてしまうため、少々食べ急いでも頭がキーンとなることもありません。

Aaaaa


このかき氷は、天然水の氷で作られています。氷は冬の間に自然の力で2週間もの時間をかけてゆっくりと凍らせているので、透明で美しい氷ができます。とにかく絶品です。今まで食べていたかき氷のイメージが一新されること間違いなしです。8月は無休で営業しているそうですが、行列必至です。

松月氷室 日光市今市379 電話 0288-21-0162
詳細は こちら をご参照ください。


201008011350001_2
そして、この日光の天然氷を県南(栃木県南部地区)で食べられるのが佐野市の「菊水苑」さんです。店は菊沢川のほとりにあり、店内のテーブル席の他、川のほとりのテラス席もあります。川の浅瀬を利用して川の中にテーブル席を設けることもあるようです。菊沢川は透明度が高く、きれいな水が流れていますので、小さな子どもさんでも簡単な川遊びを楽しむことができます。
Ddd_2
この菊沢川ですが、この店から約3km下流に第一酒造株式会社が位置します。元々はこの川の流れで水車を回して精米を行い、今でも蔵の敷地内を川の一部が分かれて流れているなど、酒蔵の一部といっても良いほどの川です。

菊水苑   
栃木県佐野市堀米町2139
電話:0283-21-5584
詳細は こちら をご参照ください。

「旬どき・うまいもの自慢会・とちぎ」では当ブログにてご紹介する栃木県内の旬の食材や料理を募集しております。こちらまでご連絡お願い致します

「とちぎの旬のうまいもの」や「集い」の情報を、「とちぎの地酒『開華』酒蔵楽通信」にて優先的にお知らせいたします!こちらからご登録を!

とちぎの地酒「開華」ホームページはこちらです
旬どき・うまいもの自慢会」事務局のホームページはこちらです

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2010年7月 1日 (木)

夏の体力回復に100%栃木県産の宇都宮餃子「栃っ子餃子」

310110cptochikkogyouza


夏の体力維持にもってこいなのが餃子。小麦粉(炭水化物)の皮の中に、肉(たんぱく質)と野菜(ビタミン・ミネラル等々)の最高のバランス料理。しかも、ニラとニンニクに含まれている「アリシン」には、殺菌作用があります。また、豚肉のビタミンB1とこのアリシンを一緒に食べると「アリチアミン」という物に変わって、これが疲労を回復してくれます。疲れると、餃子が食べたくなるのは必然性があるわけです。さらに、タレに含まれるラー油の「カプサイシン」は中枢神経に作用して、エネルギー代謝を盛んにします。カラダの中の貯蔵脂肪を分解してくれるので肥満予防に効果があります。

近年は全国的にも有名になった宇都宮餃子ですが、皮と肉、野菜すべてに栃木県産農畜産物を使ったのがこの「栃っ子餃子」です。うま味調味料は一切使わず、肉や野菜そのもののおいしさを味わうことができます。皮には小麦粉タマイズミを、豚肉にはとちぎゆめポークを使用。キャベツ、ニラ、ニンニク、長ネギ、ショウガ、干しシイタケ等々全て栃木県産の逸品です。

310110cptochikkogyouza2
★栃っ子餃子はこだわりの栃木県産原材料を使用しています★
豚肉 使用する「とちぎゆめポーク」はJA全農とちぎがお奨めする県産銘柄肉豚です。
 使用粉は栃木県産「タマイズミ」。皮までこだわる餃子は県内でも珍しい?!
キャベツ 肥沃な土に育まれた県産キャベツは甘みがあって美味しい!
長ねぎ ご存知ですか?栃木県は江戸時代から続くねぎの名産地なんですよ!
ニラ 餃子と言えばニラ!県産ニラの生産高は国内トップクラス!
生姜 比較的温暖な地域が産地の中心ですが、栃木県でも南の方で元気に生産しています!
にんにく まだまだ流通量は少ないものの、県内各地で生産が広がっています。「栃っ子餃子」は栃木県産にこだわります!
干し椎茸 栃木県は全国でも有数の椎茸の生産地。香り良し味良しの県産椎茸がアクセント!


310110cptochikkogyouza3
インターネットショッピングモール「JAタウン」のとちぎ新鮮倉庫で購入ができます。


「旬どき・うまいもの自慢会・とちぎ」では当ブログにてご紹介する栃木県内の旬の食材や料理を募集しております。こちらまでご連絡お願い致します

「とちぎの旬のうまいもの」や「集い」の情報を、「とちぎの地酒『開華』酒蔵楽通信」にて優先的にお知らせいたします!こちらからご登録を!

とちぎの地酒「開華」ホームページはこちらです
旬どき・うまいもの自慢会」事務局のホームページはこちらです

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年6月 2日 (水)

栃木県庁産「はちみつ」

Hatii


栃木県庁(宇都宮市)前の「(県木に指定)トチノキ」の並木には、5月上旬ごろから白やピンクの花が咲き誇ります。栃木県庁本町合同ビルの屋上にみつばちの巣箱を設置し、トチノキの花から“はちみつ”を採取する「県庁でみつばちを飼おうプロジェクト」。栃木県養蜂組合が始めた、この取組みも今年で3年目となりました。
Hati


4月23日に巣箱を設置し、巣門開放。巣箱見学ツアーなども開催された後の5月25日にはちみつの採取が行われました。今年採取された「はちみつ」は30kgです。このはちみつは、6月15日の「けんちょうde愛ふれあい直売所」で販売(1人1本限定50ml、限定200本)されるほか、県庁産はちみつフェアとして栃木県庁昭和館2階「ふくしレストランCIAO」で、6月21日(月)から25日(金)まで、はちみつを使ったメニューが提供されます。みつばちさん、どうもありがとう!


「旬どき・うまいもの自慢会・とちぎ」では当ブログにてご紹介する栃木県内の旬の食材や料理を募集しております。こちらまでご連絡お願い致します

「とちぎの旬のうまいもの」や「集い」の情報を、「とちぎの地酒『開華』酒蔵楽通信」にて優先的にお知らせいたします!こちらからご登録を!

とちぎの地酒「開華」ホームページはこちらです
旬どき・うまいもの自慢会」事務局のホームページはこちらです

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2010年5月 1日 (土)

塩原温泉名物「スープ入り焼きそば」

00099
ラーメンなのか、焼きそばなのか、不思議な料理がこの「スープ入り焼きそば」です。出前に焼きそばとスープを持っていく時に生まれたそうです。見た目は醤油系野菜ラーメンです。あえて言えば、肉は鶏肉、野菜はキャベツです。味付けは醤油ベースではありますがなんとなくソースがはいっているのような・・・醤油系というか、ソース系というのか、胡椒がよく効いていて全体的に辛目のスープです。細い縮れ麺と鶏肉、キャベツをソースで香ばしく焼き上げ、醤油ベースのスープに入れた塩原温泉の名物。野菜の旨味を引き出し、あっさりとしています。そんなにボリュームがあるわけではありませんので、男性でしたら食事としてだけでなく、中途半端な時間でのおやつとしてもいただくことができます。

「旬どき・うまいもの自慢会・とちぎ」では当ブログにてご紹介する栃木県内の旬の食材や料理を募集しております。こちらまでご連絡お願い致します

「とちぎの旬のうまいもの」や「集い」の情報を、「とちぎの地酒『開華』酒蔵楽通信」にて優先的にお知らせいたします!こちらからご登録を!

とちぎの地酒「開華」ホームページはこちらです
旬どき・うまいもの自慢会」事務局のホームページはこちらです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月13日 (火)

辛味大根おろしでない、佐野の「大根そば」

「大根そば」。そう聞くと、ほとんどの人が、辛味大根のおろしがたっぷり入ったそばをイメージするのではないでしょうか。しかし、佐野市周辺で「郷土料理」として出される「大根そば」は違います。大根はおろさず、千切りにして、シャキシャキのまま、あるいはそばと一緒に茹でて、麺と混ぜ合わせて食べるものというのです。

Asdf
「大根そば」は佐野市周辺で郷土料理として、明治時代より食べられており、千切り大根を①生のシャキシャキのまま、そばの上にのせる。②茹でて、そばの上にのせて食べる。③茹でて、そばと混ぜて食べる。の3種類があります。一説には食べ物が少なかった時代に少ないそばに、大根の千切りを添えて、ボリュームアップしたのが始まりとも言われています。佐野市周辺は栃木県内でも有数のそばの産地であり、質の高い大根の産地でもあります。近年では、そばにはカロリーが低くヘルシーで血液をサラサラにし、そばの成分であるルチンが血管を強くし、消化吸収を助ける効果があり、大根はそばの栄養の吸収を助ける働きがあると言われています。そばと大根は、非常に相性が良く、大根そばは実に理にかなったものと言えます。また、そばは時間が経つとくっついてしまいますが、大根をまぶすことにより、ほぐれやすいという利点もあります。さらに、大根にはもともと消化吸収を助ける効果があるといわれているので、そばとの相性も抜群。

Asd
佐野そば商組合(栃木県めん類業生活衛星同業組合佐野市支部)主催の「大根そば試食会」が佐野市長、栃木県議、佐野市役所関連部課長、安足農業振興事務所、同組合足利支部、等々が参加して開催され、参加してきました。上記記載の「生で」「茹でて上に」「茹でて混ぜて」の3種類のそば(といっしょに天ぷらも出されたのですが、今回は割愛)を味わいました。一度に3種類が食べられるのは、こういう機会しか現在はありません。大根のシャキシャキした食感が特徴的で、そばと大根の異なる食感・香りがひとつになります。大根の混ざったそばは歯ごたえがあって、噛む回数も増えることも加わって、腹持ちも良く、それでいてヘルシー。のどごしを愉しむ、というよりも口中で味わう、ことができるそばです。

「大根そば」は今月(4月)22日(木)21:00~日本テレビの「秘密のケンミンショー」で3店の大根そばが紹介されます。是非、ご覧下さい。

「旬どき・うまいもの自慢会・とちぎ」では当ブログにてご紹介する栃木県内の旬の食材や料理を募集しております。こちらまでご連絡お願い致します

「とちぎの旬のうまいもの」や「集い」の情報を、「とちぎの地酒『開華』酒蔵楽通信」にて優先的にお知らせいたします!こちらからご登録を!

とちぎの地酒「開華」ホームページはこちらです

旬どき・うまいもの自慢会」事務局のホームページはこちらです

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年3月 2日 (火)

那須がギュッとつまった地産地消の新・ご当地グルメ「那須の内弁当」

当ブログ(2009年3月)にてご紹介した「那須の内弁当」が本年3月にいよいよ正式発表となりました。

栃木県を代表する観光地「那須」の新・ご当地グルメとして、本年3月より誕生したのが『那須の内弁当』(愛称「なすべん」)です。那須の食と農の連携を推進してきた那須の農業者、観光業者、レストランシェフ、道の駅関係者などが参加して、議論を重ねた末の自信作です。(下記写真は「ホテルエピナール那須」にて食べられる「なすべん」。メイン料理は那須和牛の那須味噌シチュー。)
00009

幕の内弁当のように、那須のおいしさがギュッとつまった地産地消のランチプレートは「九尾の狐」にあやかって、9種類の食材を使い、9つの料理にして、9個の器に盛りつけてあります。9種類の食材は、①那須のお米コシヒカリ ②那須のブランド野菜「那須のにら」 ③那須のブランド野菜「那須の白美人ねぎ」 ④那須のブランド牛「那須和牛」 ⑤なすのブランド野菜「那須の美なす」又は「那須の春香うど」 ⑥那須の旬の高原野菜 ⑦那須の食材 ⑧那須のフルーツ ⑨那須の牛乳 です。④「那須和牛」をメイン料理とすることになっており、他も含めて提供する各店が工夫を凝らしてメニュー構成をしています。

那須の八溝杉を使った特性プレート(なすべんプレート)を使い、9種類の料理は全て戸別の器に盛られてプレート中央に那須和牛料理がおかれます。販売価格はいずれも1200円(税込)以下ですので、お気軽にお楽しみいただけます。(下記写真は「なすとらん」にて食べられる「なすべん」。メイン料理は那須和牛と季節野菜のミルフィーユ。)
00010


『那須の内弁当』が食べられるのは8つのお店。ホテルエピナール那須(那須町高久丙1)、那須高原友愛の森なすとらん(高久乙593-8)、休暇村那須、那須高原の宿山水閣、ジョセフィーヌ、囲炉裏料理与一、りんどう湖ファミリー牧場、那須どうぶつ王国、の各店です。
00059


「旬どき・うまいもの自慢会・とちぎ」では当ブログにてご紹介する栃木県内の旬の食材や料理を募集しております。こちらまでご連絡お願い致します

「とちぎの旬のうまいもの」や「集い」の情報を、「とちぎの地酒『開華』酒蔵楽通信」にて優先的にお知らせいたします!こちらからご登録を!

とちぎの地酒「開華」ホームページはこちらです

旬どき・うまいもの自慢会」事務局のホームページはこちらです

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年2月 1日 (月)

「ちぢみほうれん草」は、「寒締め」による限定品です。

Tidimi01
身も縮む寒さの中、大地に張り付くように葉を広げ青々と育つ「ちぢみほうれん草」は、この季節にしか味わうことができない限定品です。通常の品種とは異なる上、寒さにさらす「寒締め」により葉や茎の水分を抑え成分を濃縮させ、糖度や栄養分をアップさせています。通常のほうれん草の糖度は5程度ですが、「ちぢみほうれん草」の糖度は10~12程度あります。これは、ほうれん草の「冬場に寒さにあたると凍結するのを避けるために、葉がしまって肉厚になり、うまみや甘みが増す」という性質を利用した栽培方法で、一般的に「寒締め」と言われています。

Tidimi02
冬に出回るほうれん草のほとんどは、トンネル栽培で生産されていますが、「ちぢみほうれん草」は、露地栽培で生産されています。見た目も一般的なほうれん草は葉が立っているのに対して、「ちぢみほうれん草」は、寒気にさらされて生育するため、地面に張り付くような姿となります。季節を生かして食味にこだわったほうれんそうですので、収穫期間は12月~2月の期間限定品です。とちぎ農産物マーケティング協会の地域ブランド農産物として認証されています。

知ってますか? 寒い程おいしいんですよ!「ちぢみほうれん草」は別名「ちりめんほうれんそう」とも言い、ちりちりに縮れた葉が特徴です。普通のほうれん草より、葉肉は厚く茎や根の部分も太くて色も濃い!ほうれん草特有の苦味も少ないので余り火を通さなくてもおいしいんです。寒いほどに甘みも増えるので冬の活力源いいかがでしょうか?おいしいほうれん草は、葉先がピンとしてみずみずしく、鮮やかな緑色で肉厚のものを選びましょう。 根の切り口が大きくて赤みが強く、新鮮なものがよいものです。葉が根に近いところから密生してボリューム感のあるものを選びましょう。ほうれんそうは野菜の中で最も鉄分を多く含むことで知られています。またビタミンCやカロチンも多いので貧血や風邪の予防もばっちり!ほうれんそうでポパイみたいに元気モリモリ!

ご飯があまった時につくる「ポパイだんご」
Tidimi04
材料(4人前)  
ご飯茶碗2杯  小麦粉200g  だし入りみそ大さじ2   ほうれんそう1束にんじん1/3本  えのきたけ1/3袋  だし入りみそ20g  ごま油  すりごま大さじ1
タレ 砂糖大さじ2  しょうゆ大さじ1  みりん大さじ1
作り方
①ほうれんそうは1cmくらいの長さに、えのきたけは5mm、にんじんはみじん切りにして、フライパンにごま油を少々入れていため、みそで味をととのえて煮つめる。②ご飯に小麦粉、みそを入れてお湯でこね、1とすりごまを入れ、されにこねてだんごにする。③湯を沸騰させた中に2を入れて煮る。④タレを作り3でゆでただんごにかける

「旬どき・うまいもの自慢会・とちぎ」では当ブログにてご紹介する栃木県内の旬の食材や料理を募集しております。こちらまでご連絡お願い致します

「とちぎの旬のうまいもの」や「集い」の情報を、「とちぎの地酒『開華』酒蔵楽通信」にて優先的にお知らせいたします!こちらからご登録を!

とちぎの地酒「開華」ホームページはこちらです
旬どき・うまいもの自慢会」事務局のホームページはこちらです

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月 1日 (金)

お正月には、珍しい郷土食「耳うどん(みみうどん)」

あけましておめでとうございます。
Udonnmimi
佐野市(旧葛生町)仙波(せんば)に、昔から伝わる鬼の耳に見立てた珍しい郷土食が「耳うどん(みみうどん)」です。耳うどんは魔王の耳を模したという、餃子にも似た形が特徴の珍しいうどん類似の麺料理ですが、すいとんに近い食感で、具は五目うどんと似ており、汁も関東風の濃い醤油味です。
正月三が日に悪魔の耳に例え、それを食べてしまえば我が家の話を悪魔に聞かれないとし、その年は無病息災で過ごせるといわれています。耳を食べてしまえば悪口が聞こえないため、近所との交際が円満にいくなどの言い伝えもあります。
この珍しい郷土食を魔除けに、是非お召し上がりくださいませ。

耳うどんの作り方
小麦粉に塩水を加えながらよく捏ねる。その後1、2時間位寝かせる。 その後、粉をふってめん棒で前後,左右平らに伸ばす。伸ばした麺を7×4cm位の長方形に切り、耳の形に作っておく。鰹節か煮干しで出汁を取り、醤油・味醂で味をととのえる。小口切りにしたネギと、薄い短冊切りにした人参を入れる。うどんを盛って汁を入れ、出来上がり。来客には鶏卵を入れることもある。

佐野市内では、野村屋本店(電話0283-22-0396)などで楽しむことができます。


Goods_1
耳うどんといっしょにお正月に楽しむ日本酒は、なんと言っても「開華 大晦日しぼり」。大晦日に搾ったしぼりたての日本酒を当日のうちに瓶詰めして発送。翌日(元旦)にはお客様のところにとどくという「究極のしぼりたて」です。元日に楽しめるお酒としては日本一、いや、世界一新鮮なお酒です。ほとんどの蔵元では年末年始は上槽(じょうそう=醪を搾ってお酒にする)をしていませんので、蔵元に行っても飲めない新鮮なお酒です。毎年12月18日まで予約受付しています。

「旬どき・うまいもの自慢会・とちぎ」では当ブログにてご紹介する栃木県内の旬の食材や料理を募集しております。こちらまでご連絡お願い致します

「とちぎの旬のうまいもの」や「集い」の情報を、「とちぎの地酒『開華』酒蔵楽通信」にて優先的にお知らせいたします!こちらからご登録を!

とちぎの地酒「開華」ホームページはこちらです
旬どき・うまいもの自慢会」事務局のホームページはこちらです

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年12月 1日 (火)

日本一の「とちぎ和牛」をご賞味ください

Beef01
栃木で育てられた和牛で最高の肉質のものに許されるブランドが「とちぎ和牛」です。「とちぎ和牛」は、血統の明確な黒毛和種の子牛を、清潔な環境の中で、指定された生産農家だけが一頭一頭、丹精こめて大切に育てあげた黒毛和牛で、枝肉格付がA・Bの4等級以上に格付された枝肉だけに与えられる銘柄名です。「とちぎ和牛」は、サシの入った霜降り肉で、キメが細かく、柔らかく、風味豊かな、旨味の秀でた味の芸術品です。前沢牛や松坂牛にも劣らない高級牛肉として、評価も高くなっています。とろける旨みをご賞味いただけます。

Beef10
栃木県の肉牛飼養頭数は約10万頭で全国第6位、北海道・九州を除いた本州では2位です。これを金額で見ると、本州で第1位となっており肉牛の主要産地です。「とちぎ和牛」の指定生産者は県内各地に現在約220名で、そこで飼養されている和牛は約1万頭。その内、「とちぎ和牛」として認定されるものは、格付審査をパスし、年間を通じて約3千頭になります。
 
2009年度全国肉用牛枝肉共励会(東京食肉市場協会など主催)が10月に東京都中央卸売市場食肉市場で開かれ、和牛去勢の部で大田原市の木下智昭さんの「とちぎ和牛」が第1位の名誉賞を受賞しました。同会は国内で毎年開かれる肉用牛枝肉の共進会の中で最も権威が高いとされ、全国から430頭が出品され、うち和牛去勢の部は259頭と最も多く、共励会終了後の競りで木下さんの「とちぎ和牛」は、820万6094円(キロ単価1万5002円)の高値で落札されています。

とちぎ和牛取扱指定店 はこちらです。
とちぎ提供店 はこちらです。

「とちぎ和牛」といっしょに飲むのは・・・
196
「開華 みがき竹皮」蒸米を感じさせるふくよなか香りと、原酒ならではのまろやかで豊かな旨味が特徴です。
美味しくお飲みいただくため「ひや(常温)」又は「燗」をお薦めいたしますが、夏は氷を入れた「ロック」でもお楽しみいただけます。


「旬どき・うまいもの自慢会・とちぎ」では当ブログにてご紹介する栃木県内の旬の食材や料理を募集しております。こちらまでご連絡お願い致します

「とちぎの旬のうまいもの」や「集い」の情報を、「とちぎの地酒『開華』酒蔵楽通信」にて優先的にお知らせいたします!こちらからご登録を!

とちぎの地酒「開華」ホームページはこちらです
旬どき・うまいもの自慢会」事務局のホームページはこちらです

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年11月11日 (水)

『大好き とちぎ弁当』は美味しくて「ごめんね!ごめんね~!」

2111111月11日(水)より栃木県内のセブン-イレブンにて、『大好き とちぎ弁当』(税込550円)が発売されました。この商品は、栃木県の黒毛和牛の銘柄である「とちぎ和牛」(「とちぎ和牛」関連の記事を12月1日アップ予定)を使用。他にも栃木の優良な食材や栃木で有名なメニューをふんだんに取り入れたお弁当に仕上げてあります。さらに、栃木県出身である「U字工事」を交えて開発。商品のデザインにもU字工事を用し、“栃木”を前面に打ち出した商品となっています。
21112《商品の特徴》
・とちぎ和牛の牛めし・・・野菜の煮汁で柔らかく炊き上げた牛肉煮を炊き込み御飯に盛り付け
・那須高原豚のとんかつトマトソース仕立て・・・栃木県那須町産の豚ロース肉を使用したとんかつを大田原産トマトを使ったソースで味付け
・那須高原豚の焼餃子・・・肉とニラをふんだんに使い、宇都宮餃子を再現
・たまり漬け・・・日光の名産品を付け合せに盛り付け
・ポテト入りソース焼そば・・・栃木県南部で良く食べられている人気メニュー
・こんにゃくとレンコンの炒め物・・・栃木県の隣県である群馬県と茨城県の名産を組み合わせ炒めた(痛めた)
21113

「旬どき・うまいもの自慢会・とちぎ」では当ブログにてご紹介する栃木県内の旬の食材や料理を募集しております。こちらまでご連絡お願い致します

「とちぎの旬のうまいもの」や「集い」の情報を、「とちぎの地酒『開華』酒蔵楽通信」にて優先的にお知らせいたします!こちらからご登録を!

とちぎの地酒「開華」ホームページはこちらです
旬どき・うまいもの自慢会」事務局のホームページはこちらです

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日)

宇都宮餃子

下は宇都宮餃子のマスコット「つつむくん」です。
Tutumukunn栃木県の県都、宇都宮は、餃子の消費額日本一の街。といっても、この金額はスーパーなどで販売された餃子しか換算されていないので、餃子専門店ひしめく宇都宮の飲食店での消費量を加えたら、もうダントツ日本一?かと思います。

宇都宮が餃子の街になったのは、Img_04
①中国より伝わる(終戦とともに宇都宮に引き上げてきた陸軍兵士が、戦後、餃子が登場したときに懐かしんで食べた。)②ニラの名産地(栃木県はニラの収穫量が全国No.1)③内陸性の気候(餃子が多く食べられている中国北東部の大陸性気候とそっくり。餃子の材料となる小麦も栽培がさかんなことや、寒暖の差が激しく、夏はスタミナ、冬は温まる料理としてうってつけ。)④持ち帰り文化(生の餃子を買ってきて家庭で焼いたり、水餃子にして食べることが多い。)によるものです。

宇都宮市内には多くの餃子専門店がありますが、Img_002
どの店に入ろうか迷ったら、まずは宇都宮餃子会が運営している「来らっせ 長崎屋宇都宮店(宇都宮市馬場通り2-3-12ラパーク長崎屋B1 電話028-614-5388 営業時間11時~21時 無休)」です。常設店舗(黄色い来らっせ)では、「幸楽」「宇都宮みんみん」「めんめん」「さつき」「龍門」の5店の餃子が一度に食べられます。また、同フロアの日替わり店舗(赤い来らっせ)では、日替わりでImg_12
各日7~8店舗(一週間で26店舗)の餃子が食べられますお土産コーナーでは、生餃子や餃子グッズなどを取り揃えています。

宇都宮餃子祭り2009
Maturi2009年に一度の宇都宮餃子ファン感謝DAYが毎年11月第一土曜・日曜日(本年は11月7日・8日)に開かれており、ここでもたくさんの種類の餃子を楽しむことができます。日頃のご愛顧に感謝を込めて餃子1皿100円販売や、協賛加盟店での餃子20%OFFを今年も実施されるようです。
日時 2009年11月7日(土)・8日(日) 11:00~16:00(雨天決行)
場所 まちかど広場、バンバ市民広場(二荒山神社境内)、日野町通り
宇都宮餃子祭り2009についての詳細や宇都宮餃子についての詳細は、こちらをご覧下さい。パンフレット等のダウンロードもできます。


「旬どき・うまいもの自慢会・とちぎ」では当ブログにてご紹介する栃木県内の旬の食材や料理を募集しております。こちらまでご連絡お願い致します

「とちぎの旬のうまいもの」や「集い」の情報を、「とちぎの地酒『開華』酒蔵楽通信」にて優先的にお知らせいたします!こちらからご登録を!

とちぎの地酒「開華」ホームページはこちらです
旬どき・うまいもの自慢会」事務局のホームページはこちらです

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月 1日 (木)

全国トップクラスの「コシヒカリ」

Kome01_2

栃木県は古くは「下野(しもつけ)の国」と呼ばれており、「け」は「毛(穀物)」を意味し、五穀に恵まれた豊かな土地とされています。現在でも、日光・那須の山々から流れ出る鬼怒川、那珂川の清流、そして肥沃な土地は、稲を豊かに育んでいます。その豊かな水田からコシヒカリを中心としたおいしい「栃木米」が生産されています。

Kome02
栃木県のお米は、生産量では全国第8位ですが、コシヒカリ限定では新潟県、茨城県についで第3位です。県中部、南部などでは、食味の良い「あさひの夢」が作付けされています。また、県中北地方では、オリジナル品種「なすひかり」も生産者を登録して栽培されています。「なすひかり」は「コシヒカリ」より収穫が早く、一粒一粒が大きい上に、「コシヒカリ」の特性を受け継ぎ、おいしいのが特徴です。


「とちぎの旬のうまいもの」や「集い」の情報を、「とちぎの地酒『開華』酒蔵楽通信」にて優先的にお知らせいたします!こちらからご登録を!

とちぎの地酒「開華」ホームページは、こちらです。

「旬どき・うまいもの自慢会」事務局のホームページは、こちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年9月 1日 (火)

とちぎ渡良瀬いちご・フルーツ街道

Watarasefruitsmap_2 栃木県が昨年度からすすめる「食の回廊づくり」に呼応して昨年8月に発足(栃木県内第1号)しました。ココファームワイナリー(足利市)から道の駅思川(小山市)までの国道50号に接続する佐野フルーツライン、広域農道(ぶどう街道)が「とちぎ渡良瀬いちご・フルーツ街道」です。街道沿いには、いちご、もも、なし、ぶどう、ブルーベリーなどの摘み取り体験、地場食材を使ったお食事スポット、旬の野菜が買える農産物直売所などが盛りだくさん。 みかも山公園、太平山、唐沢山、渡良瀬遊水池などの豊かな自然、足利学校(足利市)や蔵の街(栃木市)などの歴史スポットも豊富です。

Oohirabudou121_2 この時期に特にお薦めなのは、「豊水」を中心としたなしがお薦めの佐野フルーツライン周辺には22件の観光果樹園があり、6月下旬の桃から始まり11月下旬の梨まで新鮮な果物をお買い求めいただけます。)や大平町観光ぶどう園60戸のぶどう園では、巨峰の他様々なぶどうを栽培し直売をしています。各ぶどう園独自の異なったぶどう楽しむことが出来ます。一部のぶどう園では、ぶどう狩りも楽しむこともできます。)です。

フルーツ街道クイズラリー2009開催開催中

現在「とちぎ渡良瀬いちご・フルーツ街道」に参加している各店舗を回るクイズラリーを実施中です。クイズラリー参加店にそれぞれクイズとヒントが掲示されています。参加店に置いてあるチラシ(応募用紙)にクイズの回答と必要事項を記入し、店舗の応募箱に入れてください。詳細はこちらをご覧ください。

実施期間  平成21年7月15日(水)~平成22年2月28日(日)

コースと賞品
・パーフェクトコース(全18のクイズに挑戦):高級ワインとフルーツなど(13,000円相当)3本

・じっくり回遊コース(8つのクイズに挑戦):旬の野菜やフルーツ(3,000円相当)50本

・気軽に応募コース(3つのクイズに挑戦):ジェラート無料券(シングル2コ分)80本

=応募締切=

平成22年 2月28日(日)

「旬どき・うまいもの自慢会・とちぎ」では当ブログにてご紹介する栃木県内の旬の食材や料理を募集しております。こちらまでご連絡お願い致します

「とちぎの旬のうまいもの」や「集い」の情報を、「とちぎの地酒『開華』酒蔵楽通信」にて優先的にお知らせいたします!こちらからご登録を!

とちぎの地酒「開華」ホームページは、こちらです。

「旬どき・うまいもの自慢会」事務局のホームページは、こちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 1日 (土)

ねぎが苦手なあなたもきっと好きになる「那須の白美人ねぎ」

Hakubijin2 今回のご紹介は、加熱はもちろん、生で食べてもおいしいので、料理の幅がぐんと広がり、しかも特有の臭みもなく食感も柔らかいので、ねぎが苦手なあなたもきっと好きになる「那須の白美人ねぎ」です。特徴は「しゃき しゃき 甘み辛み 甘み 旨み」。辛みや苦味のほとんどない軟らかくて甘いねぎとして人気で甘くてサラダで食べられるおいしさです。料理の人気番組「どっちの料理ショー」でも紹介されたこだわりのねぎは、地元・栃木県内でもなかなか手に入らない状態で、その品質の良さから市場関係者などでは「幻のねぎ」と高い評価を得ています。栃木県は江戸時代からのねぎの名産地。白美人ねぎは大田原市を中心に栃木県の県北地方で生産され、土を寄せて軟白部(白い部分)を伸ばす従来の方法と異なり、発砲スチロール板を遮光資材として利用(特許品)して白い部分が特に長くなるように注意深く栽培されています。ねぎは日の光に当たると、青く固く育ちます。白美人ねぎは、わざと光を遮って、白い部分が特に長くなるように育てられており、白い部分には辛みがほとんどありません。平成15年度には、産地づくりの努力や安全安心に向けた取組などが評価され、日本農業賞の大賞を受賞しました。また、とちぎ農産物マーケティング協会の「地域ブランド認証農産物」にも認証されています。

美味しいねぎの選び方は、葉が鮮やかな緑色でしおれていないもの、また、指で触ったときに弾力があり、巻きがしっかりとしているものです。白い部分と、緑の部分との境がはっきりとしているものが良質です。表面がみずみずしくつやのあるものが新鮮です。白い部分が黄色く変色しているものは避けましょう。軟白部にはビタミンABCが多く含まれています。ねぎのにおいであるアシリンは病原菌に対して強い殺菌力を示し健胃、殺菌、利尿、発汗、整腸、駆虫などの薬効があります。

03edb61cs この白美人ねぎは、味噌やマヨネーズをつけてそのまま食べたり、サラダにしたりと、生でたべられることが特徴ですが、ねぎ味噌、焼き鳥、らーめん、ピザなど、軽く加熱すると甘味がさらに増すため、どんな料理に使っていただいてもねぎの甘味が増して絶品となります。なかなか手に入らないのが残念ですが・・・。

「旬どき・うまいもの自慢会・とちぎ」では当ブログにてご紹介する栃木県内の旬の食材や料理を募集しております。こちらまでご連絡お願い致します

「とちぎの旬のうまいもの」や「集い」の情報を、「とちぎの地酒『開華』酒蔵楽通信」にて優先的にお知らせいたします!こちらからご登録を!

とちぎの地酒「開華」ホームページは、こちらです。

「旬どき・うまいもの自慢会」事務局のホームページは、こちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月16日 (木)

海なし県が誇る「この時期が旬の魚」

海なし県の栃木県が誇る「この時期が旬の魚」と言えば何と言っても「鮎」です。鮎は日本各地に生息する魚で“国魚”ともいわれていますが、栃木県内では、那珂川、鬼怒川、思川などに天然遡上が見られます。栃木県の漁獲量は全国第2位ですが、河川別では那珂川の漁獲量は全国第1位を誇っています。また、鮎は“香魚”とも呼ばれるように、スイカやキュウリに例えられる良い香りのする魚で、釣りの最盛期には川の畔を歩くとその香りが漂うとも言われます。

Kinugawa_3 栃木県には、風情ある簗漁を見ながら、獲れ立ての鮎を食べることができる「観光やな」がたくさんあります。「やな」とは、川の瀬を両岸より杭・竹・石などでせき、一か所をあけてそこに簀()を張り、流れを上り下る魚をその上で捕らえる仕掛けです。Untitled_2 小さな子どもたちにとっては、その存在だけでも楽しむことができます。今回は、鬼怒川沿いの宇都宮市郊外にある「岡本観光やな(宇都宮市東岡本町200 電話028-673-2031)」へ行ってきました。

Ayu_zenn_3 写真が鮎御膳(鮎塩焼き2匹・フライ1匹・鮎刺身2匹・鮎飯・鮎汁・おしんこ付き)です。なんと言っても鮎の食べ方の代表は“塩焼き”です。料理を注文すると、Ayu_yaki_3 それまで泳いでいた鮎に、その場で串を打ち炭火で焼いてくれます。塩焼きのアユは絶品で、内臓の苦みが大人の味です。そして、鮎の塩焼きも良いけど、鮎のお刺身も外せない。甘くてサッパリとした味わいと、プリップリッとした食感がやみつきになっちゃう旨さです。

Goods_1_3 清涼な香気が持ち味の鮎には、同様の香気を持つこの時期限定の生酒「開華 純米吟醸生酒」の清涼感がピッタリです。自然を満喫しながら、鮎の塩焼きを食べ日本酒を・・・この上ない幸せを味わうことができるのです。栃木県内には鬼怒川沿いの日光市今市~上三川の他に、那珂川沿いにもたくさんのやながあります。是非お出かけ下さい。

Ayukko_3 付録 写真が発売されたばかりの「あゆっ醤(鮎を原料に発酵させて作った魚醤)」です。開発には、栃木県立白楊高校の協力もあったそうで、さっぱりとして生臭みもないと大変好評です。残念ながら仕込みから完成まで2ヶ月を要し、鮎40kgから20Lしかできないため、現在、まぼろしの品となっています。

「旬どき・うまいもの自慢会・とちぎ」では当ブログにてご紹介する栃木県内の旬の食材や料理を募集しております。こちらまでご連絡お願い致します

「とちぎの旬のうまいもの」や「集い」の情報を、「とちぎの地酒『開華』酒蔵楽通信」にて優先的にお知らせいたします!こちらからご登録を!

とちぎの地酒「開華」ホームページは、こちらです。

「旬どき・うまいもの自慢会」事務局のホームページは、こちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月11日 (木)

新しい特産品の「におい」がする「佐野産ニンニク」

Akami佐野市赤見町の畑で、特産品化を目指すニンニクが収穫期を迎えています。JA佐野と赤見地区の農家8戸が中心となって昨年から栽培を始めました。昨年は33アールで作付けでしたが、2年目の栽培農家は35戸に増え、作付面積も1・2ヘクタールに広がりました。

Ninnniku_2畑から引き抜き、根や茎を切ると、独特の香り。JAの乾燥ハウスで約2週間乾燥させ、宇都宮市や京浜方面の市場に出荷します。「糖度も十分。外国産とは香りも違う」と品質には自信の逸品です。

なにしろ、栃木県には佐野ラーメンや宇都宮餃子などがあります。佐野市のラーメン店や宇都宮市のギョーザ店などでも使われますので、まだまだ、入手しにくい貴重品です。

関連サイト http://www.tochigi-garlic.net/

「旬どき・うまいもの自慢会・とちぎ」では当ブログにてご紹介する栃木県内の旬の食材や料理を募集しております。こちらまでご連絡お願い致します

「とちぎの旬のうまいもの」や「集い」の情報を、「とちぎの地酒『開華』酒蔵楽通信」にて優先的にお知らせいたします!こちらからご登録を!

とちぎの地酒「開華」ホームページは、こちらです。

「旬どき・うまいもの自慢会」事務局のホームページは、こちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年5月15日 (金)

夏の集い【ひやガーデン】のご案内

旬どき・うまいもの自慢会・とちぎ「夏の集い」は、下記のとおり実施致します。

・非売品の「限定生酒」、大吟醸など5種類の日本酒が飲み放題です。
・生ビール1杯無料、2杯目から別途有料です。
・地上で飲めるのはここだけ?「全日空ファーストクラス搭載酒」
・ひやガーデンオリジナル「特製お弁当」をご用意しました。
・地元「名水豆腐」や「夏野菜」等のオードブルを充実しました。
・開催日数、定員を増やしました。雨天の場合は少々狭くなりますが、ご了承下さい。
    
開催日時    6/ 26(金) 27(土) 7/3(金) 4(土)
        7/10(金) 11(土) 17(金) 18(土)
        7/24(金) 25(土) 31(金)  8/1(土)
          開場18:00~終了20:00
開催場所  第一酒造㈱「ぎゃらりー酒蔵楽」庭園(雨天実施)
予約方法  各回とも、6月6日(土)朝9時~電話予約のみで受付。
         受付電話番号は、0283-22-0001です。
         1回の受付は12名様までとさせていただきます。
         お問合せは、電話、FAX、メールにて。
参加費    3500円(税込)チケット制

0071

「旬どき・うまいもの自慢会・とちぎ」では当ブログにてご紹介する栃木県内の旬の食材や料理を募集しております。こちらまでご連絡お願い致します

「とちぎの旬のうまいもの」や「集い」の情報を、「とちぎの地酒『開華』酒蔵楽通信」にて優先的にお知らせいたします!こちらからご登録を!

とちぎの地酒「開華」ホームページは、こちらです。

「旬どき・うまいもの自慢会」事務局のホームページは、こちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年5月 1日 (金)

「とちぎ娘が作ったうまいもの弁当」

 先月から佐野市内のセブン・イレブンにて、佐野短大生と同社が開発した健康づくり応援弁当「とちぎ娘が作ったうまいもの弁当」(580円)が発売されています。このお弁当の中の「那須高原豚の味噌漬け焼き」には開華の酒粕が使用されており、味噌味のタレの中に含まれている酒粕の効果で、豚肉がとてもやわらかくなっており、また独特の風味を醸しだしています。

 このお弁当は、栃木県が定めた食育基準に基づき、佐野市の伝統野菜「かき菜」を使ったご飯やソテー、野菜の煮物など、568キロカロリーと低カロリー、塩分控えめ(約3.6g)、野菜の摂取も充分(1食約130g)な健康感のあるお弁当です。メタボリックシンドロームや生活習慣病を気にする中高年の方にもお薦めです。現在は佐野市内の店舗限定にて発売ですが、6月頃から栃木県内全域での販売を検討しているそうです。お近くの方は、是非ご賞味下さい。
222.JPG

<弁当内容>
・かき菜を使った御飯と、七穀米御飯
・那須の高原豚の味噌漬け焼き
・かき菜とゆばときのこのバターソテー和え
・野菜の煮物
・玉子焼き

参考
下野新聞記事(4月9日)
セブンイレブンプレスリリース

「旬どき・うまいもの自慢会・とちぎ」では当ブログにてご紹介する栃木県内の旬の食材や料理を募集しております。こちらまでご連絡お願い致します

「とちぎの旬のうまいもの」や「集い」の情報を、「とちぎの地酒『開華』酒蔵楽通信」にて優先的にお知らせいたします!こちらからご登録を!

とちぎの地酒「開華」ホームページは、こちらです。

「旬どき・うまいもの自慢会」事務局のホームページは、こちらです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年4月 1日 (水)

ひょっこり顔を出した 春一番にこんにちわ!「ふきのとう」

Pic04 春の気配に真っ先に顔を出すのはこの「ふきのとう」。ふきの花の蕾(つぼみ)です。ふきは、キク科フキ属の多年草で、数少ない日本原産の山菜の一つで、山や川、土手などの陽当たりの良い湿り気のある場所に生えているのを見かけた人もいるはずです。葉が出る前にふきのとうだけが独立して地上に出てきます。花が咲く前の余り開いていないものの方が、春がたっぷり詰まっていておいしいそうです。独特の苦味と香りは咳を静め、消化を助ける働きがあります。また、この苦味が、冬の間に溜まった脂肪を流してくれます。お目覚めの苦さで味覚を引き締めて、新春スタート!

栃木県内では、那須烏山市(旧烏山町)、那珂川町(旧馬頭町、旧小川町)のふき・ふきのとうが「地域ブランド農産物」の認定を受けています。ふきのとうには、ビタミンK、葉酸などが多く含まれます。そのほか苦味成分なども含まれていて、よい香りとほろ苦い味が食欲を増進させます。

1001 やはり、ふきのとうといったら、てんぷらでしょう。てんぷらは低温で揚げると、揚げているうちにつぼみが開き見た目にもきれいで、また苦みもとれます。ふきのとうは、葉が鮮やかな緑色でツヤがあり、開いていないつぼみの形をしたものを選びましょう。大きすぎるものや乾燥しているものは避けたほうが無難です。変色しやすいので早めに食べまることも大事です。

ふきのとうのてんぷら

材料(4人前)  ふきのとう(12ヶ)、生しいたけ(8ヶ)、うど(先の部分8本)、卵(1ヶ)、小麦粉(適量)、揚げ油(適量)、抹茶(少々)、塩(少々)

1003

料理法  各てんぷら種に小麦粉を薄くまぶして衣をつけ、中温に熱した新しい油で揚げる。材料を一度に入れると油の温度が下がり、カラリと揚がらないのでたっぷりの油で少しずつ揚げる。器に盛りつけ、抹茶・塩を添える。

「旬どき・うまいもの自慢会・とちぎ」では当ブログにてご紹介する栃木県内の旬の食材や料理を募集しております。こちらまでご連絡お願い致します

「とちぎの旬のうまいもの」や「集い」の情報を、「とちぎの地酒『開華』酒蔵楽通信」にて優先的にお知らせいたします!こちらからご登録を!

とちぎの地酒「開華」ホームページは、こちらです。

「旬どき・うまいもの自慢会」事務局のホームページは、こちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年3月15日 (日)

那須の「な・すいとん」

食材の宝庫「栃木県」の県北に位置し、近年リゾート地として注目を浴びている那須地区は、森林・水稲・野菜畑・酪農が点在する栃木県内を凝縮したような地区でもあります。その那須地区の食材をふんだんに使用した料理が「那須のすいとん」です。様々な飲食店や宿泊施設で37種類ものすいとんが提供されていますが、なすとらん倶楽部が提案する、その名も「な・すいとん」をご紹介します。

Nasu 「な・すいとん」(那須高原牛乳みそ仕立てすいとん)                            那須産食材:じゃがいも、大根、玉ねぎ、にんじん、チンゲンサイ、牛乳、みそ           作り方:①じゃがいもは大きめに乱切り、大根は厚め、にんじんは薄めいちょう切り、玉ねぎは四つ切りから細かく切る。          ②チンゲンサイは切って茹でておく。                   ③鍋に油を入れ、玉ねぎから順に炒める。                ④火が通ったら水を入れ、煮立ったら鶏がらスープを入れて煮込む。      ⑤野菜が煮えたら、味噌を入れ、牛乳を入れて味を調える。      ⑥チンゲンサイを添えて出来上がり。

「な・すいとん」は1日10食限定にて道の駅「那須高原友愛の森」内の那須の食レストラン なすとらん にて味わうことができます。

この他にも様々なすいとんを味わうことができます。那須地区でのすいとんめぐり、いかがでしょうか。

とまとのすいとん  牧場のすいとん  にらすいとん Tomato_2 Makiba Nira

YasaiSoba

高原野菜入りすいとん     そばすいとん

                 那須地区からは今後、「新・ご当地グルメ」として「九尾のきつね」をもじって、那須を代表する食材9種類を使った「那須の家(なすのうち)弁当」が、そのうち商品化されるかもしれません。このブログが最初のご紹介かな?

「旬どき・うまいもの自慢会・とちぎ」では当ブログにてご紹介する栃木県内の旬の食材や料理を募集しております。こちらまでご連絡お願い致します。

「とちぎの旬のうまいもの」や「集い」の情報を、「とちぎの地酒『開華』酒蔵楽通信」にて優先的にお知らせいたします!こちらからご登録を!

とちぎの地酒「開華」ホームページは、こちらです。

「旬どき・うまいもの自慢会」事務局のホームページは、こちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 1日 (日)

田沼の「しんこまんじゅう」

00184 旧暦2月の初午(はつうま)直近の週末3日間行われるのが、佐野市田沼町の一瓶塚稲荷(いっぺいづかいなり)神社の初午祭です。今年は2月27日(金)~3月1日(日)開催されています。沿道には約300軒もの露店などが軒を連ねて、多くの人出で賑っています。

186 そして、「田沼の初午(祭)に行く」ということは、即ち「しんこまんじゅうを買いに行く」ということと同義というくらいの名物がこの「しんこまんじゅう」です。

187「しんこ」は新粉(うるち米の粉)のことを意味するほかに、稲荷神社の信仰をするという意味もあり、「しんこまんじゅう」は精白した佐野市田沼地区のうるち米の粉と小豆を、おいしい同地区の水で手間隙かけて練って仕上げたものです。もっちりとした柔らかい白い餅の中に程よい甘さのアンコがよくあい、かわのやわらかな舌触りとあんこの甘すぎず上品な味の感触が最高です。昔からこのまんじゅうを食べると無病息災になるといわれています。道の駅「どまんなか田沼」でも購入できます。

「とちぎの旬のうまいもの」や「集い」の情報を、「とちぎの地酒『開華』酒蔵楽通信」にて優先的にお知らせいたします!こちらからご登録を!

とちぎの地酒「開華」ホームページは、こちらです。

「旬どき・うまいもの自慢会」事務局のホームページは、こちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 2日 (月)

初午(はつうま)には『しもつかれ』

初午(2月12日)には、しもつかれ
皆さんは、栃木県の郷土料理としてどんな料理を思い浮かべますか?
この時期の郷土料理といえば、やっぱりしもつかれ
「しもつかれ」は、初午に作る栃木県の代表的な郷土料理で、お稲荷様に供え、家内安全を祈願します。
「しもつかれ」は、全国各地に伝わる郷土料理を選定した「農山漁村の郷土料理百選」にも選ばれています。

·        「初午(はつうま)」とは?
2月の最初の午の日。京都の伏見稲荷大社の神が降りた日がこの日であったといい、全国で稲荷社を祭る。

·        「農山漁村の郷土料理百選」とは?
農林水産省では、全国各地に伝わる郷土料理のうち、農山漁村で脈々と受け継がれ、かつ「食べてみたい・食べさせたい・ふるさとの味」として国民的に支持されうる料理を「農山漁村の郷土料理百選」として選定しました。栃木県からは、「しもつかれ」と「ちたけそば」が百選に選ばれています。

Column_2 節分でまいた残りの豆を使い大根、にんじん、酒粕、塩鮭の頭、油揚げなどをじっくり煮込んで作ります。大根、にんじんは粗くすりおろし大なべでたくさん作ります。
冷たくなって味がしみると格別の美味しさ!
大根と人参という煮物としては定番の野菜に合わせて鮭の風味がよく効いています。さらには酒粕が入っていることで独特のコクが出て、実に深みのある味わいになっています。

作り方

  1. 鮭の頭は適当な大きさに切り分け
    魚焼きあみで焼き、熱湯で湯がいておく。

  2. 鍋に水(鮭がひたひたになるくらい)をいれ煮立ったら
    1.
    の鮭と酒を入れ、水分がほとんど無くなり
    骨が柔らかくなるまで良く煮る。

  3. 大根とにんじんは鬼おろしですりおろす。

  4. 大豆は(生のものは煎っておく)皮をとり
    油揚げは短冊に切る。

  5. 2の鍋に大根、にんじん、大豆、油揚げを加え
    弱火でことこと30分位煮る。

  6. 途中焦げ付かないよう大きくかき混ぜ
    酒粕を加えてさらに1時間程煮て、塩、しょうゆで味を整える。
    (塩鮭の塩加減によって塩、しょうゆを調節する。)

材 料

塩鮭の頭

1匹分      

大根

1

にんじん

1

大豆

1/2カップ    

油揚げ

2

酒粕

150g

しょうゆ

少々

少々

少々

「とちぎの旬のうまいもの」や「集い」の情報を、「とちぎの地酒『開華』酒蔵楽通信」にて優先的にお知らせいたします!こちらからご登録を!

とちぎの地酒「開華」ホームページは、こちらです。

「旬どき・うまいもの自慢会」事務局のホームページは、こちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月24日 (土)

スローフード協会認定「味の箱舟」の『野口菜』

イタリアに本部を置くスローフードインターナショナルが、このままだと消えてしまう心配のある貴重な食材を認定する「味の箱舟」に、2007年8月に選んだのが「野口菜」です。

Noguti1_3 日光市野口地区に約400年前から伝わる希少野菜「野口菜」は、水掛菜とも呼ばれ、アブラナ科の在来種。室町時代から栽培されていたとも言われていますが、1600年頃、日光東照宮造営のため久能山東照宮から来た人たちによりもたらされたというのが通説となっています17世紀の日光東照宮造営に合わせて現在の静岡市から移り住んだ人たちが、水掛菜の種を持ち込んで育てたのが始まりとされています。

Noguti2_3 わき水を掛け流しながら栽培するため、育てる場所が限られるのが特徴です昭和初めには約30軒が栽培していましたが、現在は「野口水掛菜保存組合」のメンバー5人と、地元農家1軒だけとなりました。同組合は、日光市瀬川の日光だいや川公園内にある10アールの畑を使い、昔ながらの栽培方法で育てています。市場に流通させられるほどの量がなく、まさに幻の食材です。

野口地区では、正月のお雑煮に野口菜は欠かせない食材であり、ビタミンやミネラルも豊富でしゃきしゃきとした食感が特徴です。冬場の野菜として貴重な存在で、おひたしや浅漬けにするのが一般的ですが、「しゃぶしゃぶ」、「水掛菜ご飯」、「サラダ」、「ゴマ和え」などでも楽しめます。

料理のポイント

水掛菜ご飯:水掛菜とジャコを油で炒め味をつけご飯と混ぜてゴマをふる。

Nogutisarada_2サラダ:生でも柔らかいので芯に近い柔らかい葉を適当な大きさにちぎり、リンゴ等の果物やハム、シーチキン等と好みのドレッシングであえる。

しゃぶしゃぶ:湯がくだけで甘く柔らかいので豚肉等としゃぶしゃぶにしてポン酢で食べる。

「とちぎの旬のうまいもの」や「集い」の情報を、「とちぎの地酒『開華』酒蔵楽通信」にて優先的にお知らせいたします!こちらからご登録を!

とちぎの地酒「開華」ホームページは、こちらです。

「旬どき・うまいもの自慢会」事務局のホームページは、こちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 5日 (水)

日本一の“いちご”をご賞味あれ~!!

この時期のとちぎを代表する旬の味は・・・
何と言っても「いちご」です。
Ichioshi 代表的な品種「とちおとめ」は、栃木県農業試験場で育成され、大粒で甘くて消費者に好評であり、日本で一番栽培されているいちごの品種です。甘くてジューシーな「とちおとめ」をひと口食べれば、とても幸せな気分になります。
県内の二宮町、鹿沼市、真岡市、壬生町、小山市、佐野市などで生産が盛んで、平成19年の作付け面積は650haで、収穫量は3万t(この量は、およそ1億パックに相当)の日本一の産地です。ちなみに、収穫量は39年連続日本一です。

栃木県が開発した品種には、「とちおとめ」をはじめ、粒の大きい「とちひめ」、夏秋の高原イチゴ「とちひとみ」、以前主力だった「女峰」などいろいろあります。
とちひめ」は大粒で食味が大変良いのですが、果実が柔らかいため、県内の観光農園摘み取りに栽培が限定されています。栃木県にお越しいただかないと食べられないまぼろしのイチゴです。

おいしい「いちご」の選び方
ヘタが青々としてみずみずしいものを選びましょう。また、買ってからもヘタがみずみずしい新鮮なうちに食べきりましょう。赤い色が均一で色が鮮やかなもの、ツヤがあるものが良品です。
また、形より「色」「ツヤ」「香り」。いちごは鮮度が高いほど良い香りがします。ヘタのすぐそばまで鮮やかな赤色のものを選びましょう。傷があって果汁がしみ出ていたり果肉がつぶれていたりするものや、ヘタが元気のないものは避けた方が無難。形はちょっと変わっているけれど味は甘くておいしい「A」規格。これが実は狙いめ。リーズナブルで、お買い得品です。

料理レシピ
いちごのミルクかん
(「子や孫に伝えたい郷土料理とちぎ」から) 
料理の特徴
・いちごと牛乳をミキサーにかけることによりふんわり感が出せ、寒天らしくない、仕上りになります。
・盛つけを工夫するととても見栄えのするスイーツになります。
・牛乳の分量を半分プレーンヨーグルトに代えたり生クリームを加えたり砂糖の分量も好みで変えて楽しめます。

材 料(4人前)
07122いちご 300g   牛乳 200ml
砂糖 50g     粉寒天 4g
水 200ml
かざりつけ用 生クリーム・いちご・ミント等 

この写真は(社)とちぎ農産物マーケティング協会より頂戴致しました

作り方
1. いちごのヘタを取り、ミキサーに入れ牛乳を加え撹拌する。
2. 鍋に水を入れ粉寒天を加え火にかけ煮立ったら2分ほどかき混ぜ煮溶す。
3. 砂糖を加えて溶かし火を止め1のいちごミルクを加えよくかき混ぜる。
4. 容器に流し入れ固める。
5. ホイップした生クリーム、いちご、ミントで飾りつける。

栃木の「いちご狩り」情報
おいしくて安全ないちごが食べ放題
観光農園限定の大粒の品種「とちひめ」が人気!
期 間:2007年12月中旬~2008年5月末
◎佐野市「アグリタウン花の停車場」 TEL 0283-20-5215
◎那須烏山市「南那須観光いちご園」 TEL 0287-88-0002
◎真岡市「ストロベリー・サギヤファーム」TEL 0285-83-1667
◎芳賀町「芳賀いちご園 直売つみとりハウス」TEL 028-677-0715
※詳しくは各施設までお問い合わせください。

「とちぎの旬のうまいもの」や「集い」の情報を、「とちぎの地酒『開華』酒蔵楽通信」にて優先的にお知らせいたします!こちらからご登録を!

とちぎの地酒「開華」ホームページは、こちらです。

「旬どき・うまいもの自慢会」事務局のホームページは、こちらです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年11月15日 (木)

まぼろしのきのこ&きのこの女王「キヌガサ茸」

Kinugasatake111 9月開催の旬どき・うまいもの自慢会・とちぎ「秋の集い」で楽しむ予定もあったのですが、残念なことに栽培が間に合わず食することができなかったのがキヌガサ茸です。中華料理や薬膳料理で使われることの多いキヌガサ茸は主に中国四川省などで採れるキノコです。減肥効果・抗がん・降血圧の効果があるとされています。 「まぼろしのきのこ」「きのこの女王」とも呼ばれますが、国内で食べられるものはほぼ全量が中国産の缶詰や乾物です。

Kinugasa 栃木県では約7年前から栽培を始め、さくら市で約10名の方が栽培に取り組んでいますが、栽培が非常に難しく全く収穫できない年もあるようです。中国産の缶詰や乾物は身も小さく、乾燥させることで色も本来の白色からクリーム色や茶色がかったものになってしまいますが、国産のものは身も大きく、白色のきれいなことが見ただけでもはっきりしています。
実は9月「秋の集い」が終了後も、引き続き「食べられますか?」と連絡をしていたのですが、いつになっても「まだ入荷していないです。」が続きました。そして突然「今日、入荷することになりました」の一報。さっそく当日夕方に訪問して、食べさせていただきました。

食べられるはさくら市の八百藤飯店(さくら市氏家2434 電話028-682-2203)。旧氏家町の中心部に位置する中華料理店です。もっともキヌガサ茸の入荷状況が上記の通りですので、同店でもほとんど今は食べられない状態。せっかくメニューを作ってあるのですが、お客様から注文されてもほとんど提供できない状況だそうです。今回の入荷もたった50個。次回の入荷は未定。そのうちのなんと3個を使って下記の料理を無理を言って作っていただきました。(勿論、食べてきました。)

Nimono 最初はキヌガサ茸、カニ、やまいも、チンゲン菜の煮物。せっかく大きな形を維持し、自然のままの白色(一部輸入の乾燥物で意図的に白く着色してあるものもあるようです)のキヌガサ茸をなるべくそのままの形で使いたいということから料理されています。キヌガサ茸のシャキシャキとした食感は「これがキノコ?」という感じです。柔らかい山芋とカニ肉とは対象的です。山芋やカニの旨味や甘味を独特の食感で引出す役割をキヌガサ茸が果しています。チンゲン菜の緑との彩りも鮮やかです。

Ramenn ふたつめは、店内でメニューも置かれている(しかし、実際に食材の関係で提供されることは稀となっている)キヌガサ茸入りラーメン「かぐや姫」です。自家製麺のラーメン自体が充分おしいしのですが、ホタテ等の旨味をたっぷり含んだスープによってキヌガサ茸に独特のおいしさが発生します。シャキシャキとした食感とスープの旨味を充分吸ったキヌガサ茸が美味しいラーメンを更に華やかしています。

Dezato 最後はデザートです。マンゴープリンの上にはシロップ漬けされたキヌガサ茸です。「きのこ&シロップ」この意外な組合せを可能にしてしまうのがこのキヌガサ茸の奥深さです。キヌガサ茸は「香りマツタケ、味シメジ」と言われるほどの味や香りで特徴的な個性は無いのですが、美白色の姿とシャキシャキとした独特の食感を持ち、組合せた料理の味わいに対応して幅広く料理を引き立てる「きのこの女王」であると同時に「銘脇役」といった感じです。
栽培が難しく、収穫期間もかなり短いため、現時点は安定的な供給ができないようですが、栽培が軌道に乗り、旬の食材として多くの人が食べられるよう願うばかりです。

Goods_2 キヌガサ茸は調理法や組み合わせる食材によって様々な味わいが楽しめますので、それに合わせて様々な日本酒でお楽しみいただけるのですが、キノコ料理全般と山廃のお酒は相性抜群です。特にこの時期の「開華 山廃純米吟醸ひやおろし」はひと夏の熟成の時を経て、すっきりとしながらも濃醇な旨味、やわらかな酸味のバランスが絶妙なお酒です。

「とちぎの旬のうまいもの」や「集い」の情報を、「とちぎの地酒『開華』酒蔵楽通信」にて優先的にお知らせいたします!こちらからご登録を!

とちぎの地酒「開華」ホームページは、こちらです。

「旬どき・うまいもの自慢会」事務局のホームページは、こちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 5日 (月)

第3回「冬の集い」のご案内 

ひやガーデン番外編「とちぎ牛と開華ヌーヴォを楽しむ会」

10月下旬より仕込みが始まり、ようやく来月にはしぼりたて新酒が出来ます。そこで、しぼりたて新酒と「とちぎ牛」を楽しむ会を開催する運びとなりまします。今回は、しぼりたて新酒のほかに「鑑評会出品大吟醸」と「鑑評会出品大吟醸15年古酒」(非売品)をテイステイングしていただきます。よそでは絶対に味わえない逸品です。お料理は、とちぎ牛をふんだんに使った創作料理となります。
また、お酒にあうお料理のご提案を都内にてクッキングスタジオ主催、管理栄養士でいらっしゃいます金野たかね先生にお願いいたしまして、お酒とお料理の実践&トークショーをさせていただきます。
お席に限りがございますので、お早めに申し込みをお願い申し上げます。お席がなくなり次第、チケットは販売終了とさせていただきます。皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。
★日 時・・・12月9日(日)18時00分から20時まで                                                            (受付17時30分より) 
★場 所・・・ホテルサンルート佐野2F                                                                                            栃木県佐野市朝日町  TEL0283-24-5000
★受講費用・・・5500円(税込み・ディナー代・テイステイング込み)                                            前売チケットをお買い求めください。
★募集人数・・・80名
★お申込・・・11月10日(土)よりチケット発売開始(予約も同日より) 
お問い合わせ・お申し込みは、第一酒造株式会社まで。毎回人気の講座でございます。募集人数が超えた時点で、募集終了とさせていただきますので、ご了承ください。当日は、筆記用具のみお持ち下さいませ。お酒のイベントでございますので、出来る限り公共機関をご利用下さいませ。なお駐車場に限りがございますので、お乗りあわせをお願いいたします。
チケットは、第一酒造株式会社/サンルート佐野様でお取り扱いがございます。チケットは前売券のみとなり、チケットをお持ちでないお客様は当日ご入場できません。

募集人数に達したため、チケットの販売は終了しております。 

Umaimonotochigi [主催お問い合わせ] 
清酒『開華』醸造元  第一酒造株式会社
佐野市田島町488 ℡0283-22-0001
                      
クッキングスタジオ主催管理栄養士・・・金野たかね先生
食品メーカーの管理栄養士としてメニュー開発や料理講習会の講師をし、子供から幅広い世代に向けて食と健康、美味しさを伝える食育支援活動も積極的におこなっている。イタリア料理が得意。

日本酒講師・・・第一酒造企画室室長 島田妙子
2000年10月にお台場フジテレビ他会場で開催された「第1回世界きき酒師コンクール」で約12000名のきき酒師の中から、最終決勝の6名に残りファイナリストとなる。現在、村上祥子クッキングスクールに通い勉強中。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年11月 3日 (土)

新そばの季節です。

Soba 新そばの季節です。栃木県のそばは鹿沼市、日光市、佐野市など県内各地で生産され、生産量は全国で5本の指に入ります。ほとんどが在来種の秋そばで10下旬から11月上旬に収穫されています。この時期は県内各地でそば祭りが開催され、産地の特色あるそばが食べられます。各地のそばまつり情報(なんと49カ所!)は、多すぎてこちらに記せません。「こちら(とちぎ農産物マーケティング協会)」をご参照下さい。

Kannbann 日光そばまつり2007が日光だいや川公園を会場に11月1日(木)~4日(日)開催されています。週末の混雑を避け、開催初日の午前中に行ったのですが、会場到着の11時には既に駐車場はいっぱい。誘導されるままに3km離れた河川敷の駐車場へ車を止め、シャトルバスで会場入りです。Basu ちなみにこちらは復路(各駐車場や駅行きの)シャトルバス乗り場です。無料のバスが頻繁に出ていますので、電車での来場がベストです。
そばコーナーには20店以上、物産コーナーには50店以上が出展しています。

Dai1 駐車場近くの第一会場は物産コーナーが中心ですが、地元日光市を中心に栃木県内の物産関連が並んでいます。この「旬どき・うまいもの自慢会・とちぎ」の今後の取材のお願いに・・・と思っていたのですが、各店舗とも忙しくてとても打合せをする雰囲気ではありません。この会場はそば出展が少ないのですが、よく見ると既に人の列。まだ正午には一時間近くあるのに・・・残念でしたが、多少の資料を入手して第二会場へ向います。

Dai2 林の中の第二会場は、そばコーナーのほとんどのお店が出展しています。林の中で会場を一望することはできないのですが、テントを張った仮設店舗がずらり並んでいます。もりそば、かけそばはだいたい500円程度です。

Tennnai お昼の混雑を少しでも避け、早々に2店をはしごしました。どちらのお店も新そばの風味を楽しめるコシのある麺でした。そばコーナーの各店は地元日光市だけでなく、広く県内外から出展しています。北海道、福島、福井、東京、広島などのお蕎麦も楽しめます。多くの蕎麦を楽しむには、大きな胃袋も必要ですが・・・。

私は開催初日の平日でしたので、比較的余裕を持ってはしごができましたが、週末(3・4日)はかなりの混雑が予想されます。多少は並ぶ覚悟が必要かもしれません。一方で週末には平日には出展しない店も追加で出店します。また、各種アトラクションやイベントも開催されますので、食べて、並んで、楽しんで、おなかが空いたらまた食べて、で一日中楽しめるかと思います。

各地のそばまつり情報は「こちら(とちぎ農産物マーケティング協会)」です。是非お出かけ下さい。

Goods_1 繊細なそばの香りを楽しみながら、ゆったりと楽しむ純米酒はこちら「開華 純米酒」。軽快でなめらかな旨さが、やさしく料理を引き立てます。そのまま常温(ひや)で、又はぬる燗(40℃前後)でのご愛飲をお薦めします。

「とちぎの旬のうまいもの」や「集い」の情報を、「とちぎの地酒『開華』酒蔵楽通信」にて優先的にお知らせいたします!こちらからご登録を!

とちぎの地酒「開華」ホームページは、こちらです。

「旬どき・うまいもの自慢会」事務局のホームページは、こちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月24日 (月)

旬どき・うまいもの自慢会・とちぎ【第2回秋の集い】

旬どき・うまいもの自慢会・とちぎ【第2回秋の集い】は9月21日(金)栃木県酒造組合が開設する有料試飲アンテナショップ「酒々楽」(宇都宮市本町12-31 電話028-622-5071)にて開催しました。

会の一部をご紹介すると・・・
Ohitasi_2 写真はとちぎの新しいきのこ「とちぎのこ」のお浸しです。「とちぎのこ」は栃木県において栽培技術の開発と品種の育成に取り組み優れた人工栽培用品種の種苗登録を行なった「ハタケシメジ」です。「香りマツタケ味シメジ」といわれ、味ではきのこの王様「マツタケ」に勝る「ホンシメジ」と近縁種のきのこです。シャキシャキした歯ざわりが特徴です。現時点では生産 量が限られているために、県内各地の直売所のみでしか販売が行なわれていない貴重品です。

Isikawa_2特別ゲストとしてきのこ類の生産を指導する栃木県環境森林部林業振興課の石川先生をお招きして、栃木県が誇るきのこ類についてのご説明を頂戴しました。

Nimono_2 写真は大葉厚肉のしいたけ(他)煮物です。分厚い肉厚のしいたけは旨味も充分。しいたけ自身が美味しいだけでなく、だしの役目もしっかり果たし、他の食材の味をも引き立てます。

Kaityou_3 しいたけ栽培も手がける栃木県特用林産協会きのこ振興部会長の福田様にお越しいただき、しいたけ 栽培や流通にまつわるお話や乾しいたけの旨味と香りを活かす美味しい戻し方などをご教授頂きました。

栃木県の季節の味をふんだんに取り入れたお弁当は食材(産地)だけを紹介します。Benntou_3 コシヒカリ(県北)、かんぴょう(上三川)、椎茸(高根沢)、益子醤油らっきょう(栃木)、ぎょうざピーナツ(宇都宮)、わさびかまぼこ(日光)、宮みそ(宇都宮)、豚ひれ肉(宇都宮)、ヤシオマス燻製(那珂川)、卵(宇都宮)、生Gohann_2湯波(日光)、栃木しゃも砂肝燻製(鹿沼)、ミニトマト(宇都宮)、みなみちゃん南瓜(那須烏山)、ほうれん草(日光)、ごぼう(下野)、鹿沼こんにゃく (鹿沼)、高原水菜(日光)、豊水なしプレミアム13(宇都宮)、りんご(喜連川)、子持ち柚子羊羹(宇都宮)です。ちなみに「なし」のプレミアム13は光センサーで選別し糖度13以上を保証したブランドなしです。

これら秋の味覚に合わせたお酒は・・・
開華 純米吟醸ひやおろし(秋)
上品な果実香とやわらかな旨口のひやおろし(秋限定商品)
開華 山廃純米吟醸ひやおろし
すっきりとしながらも濃醇な旨味、やわらかな酸味のバランス絶妙(秋限定商品)
開華 中取りひやおろし
甘やかでフルーティーな吟醸香とやわらなでふくらみのある旨味(秋限定商品)
開華 みがき竹皮(特別純米酒・原酒)
原酒ならではのふくよかな香りと、まろやかで豊かな旨味
開花 純米大吟醸山田錦【無濾過生原酒】
世界の空で提供されたANA国際線ファーストクラス搭載酒の無濾過生版(春先に搾ったお酒を特別に要冷凍にて保存した超非売品)

人数分に見合う充分なお酒を準備してあったのですが、会の途中で一部のテーブルからはお酒が不足・・・困った。会場は栃木県酒造組合のアンテナショップですので、急遽、在庫のお酒を借用。無事に【秋の集い】は終了しました。

次回、「旬どき・うまいもの自慢会・とちぎ【第3回冬の集い】」は12月に県南地区での開催を予定しています。

「とちぎの旬のうまいもの」や「集い」の情報を、「とちぎの地酒『開華』酒蔵楽通信」にて優先的にお知らせいたします!こちらからご登録を!

とちぎの地酒「開華」ホームページは、こちらです。

「旬どき・うまいもの自慢会」事務局のホームページは、こちらです。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2007年9月 4日 (火)

【第2回秋の集い】のご案内

旬どき・うまいもの自慢会・とちぎ【第2回秋の集い】のご案内

会場となる「酒々楽」は栃木県酒造組合が開設する有料試飲アンテナショップ。ANA国際線ファーストクラスにも採用された「開花 純米大吟醸山田錦」の【無濾過火入れなしの生原酒】版(春先に搾ったお酒を特別に要冷凍にて保存した超非売品)や旬のお酒をご用意致します。

お料理は栃木県の季節の味をふんだんに取り入れたお弁当をご用意する他、秋の味覚を代表する、とちぎの新しいきのこ「とちぎのこ(注1)」のてんぷらや、「キノコの女王」とも呼ばれ国内では栃木県でしか栽培されていないまぼろしのキノコ「キヌガサタケ(注2)」を使った料理などを予定しています。

また、当日はこれらのきのこ類の生産を指導する栃木県環境森林部林業振興課の石川先生をお招きして、栃木県が誇るこれらきのこ類についてのご説明を頂戴いただく予定です。詳細は下記の通りです。
  日時:9月21日(金)18:30~20:30
  場所:「酒々楽」(宇都宮市本町12-31 電話028-622-5071)
  会費:3000円     定員:30名

(注1) 「とちぎのこ」は栃木県において栽培技術の開発と品種の育成に取り組み優れた人工栽培用品種の種苗登録を行なった「ハタケシメジ」です。「香りマツタケ味シメジ」といわれ、味ではきのこの王様「マツタケ」に勝る「ホンシメジ」と近縁種で、きのこらしい姿が特徴の人気の高い食用きのこです。現時点では生産量が限られているために、県内各地の直売所のみでしか販売が行なわれていない貴重品です。
(注2) 「キヌガサタケ」は「キノコの女王」とも呼ばれる「まぼろしのキノコ」です。中華料理で使われる食材ですが、国内で使用されるほぼ全量が中国産の半生製品です。国内で唯一栽培に成功したのが栃木県さくら市の10名ほどのチームで、輸入品と違って生で出荷ができるため、今までの中華料理とは違った調理が可能です。さくら市の八百藤飯店にお願いをして、国内唯一のキヌガサタケ料理をご用意予定です。

Kinugasatake なお、キヌガサタケは栽培量が極めて少なく、天候次第では当日ご用意できないこともございますので、ご理解の上、お申込いただきますようお願い申し上げます。

お申込は弊社まで電話・FAX・メールにてお願い致します。定員に達し次第、締め切らせていただきます。お早めにお申込下さい。
第一酒造株式会社   E-mail info@sakekaika.co.jp
電話 0283-22-0001  FAX 0283-24-6168

「とちぎの旬のうまいもの」や「集い」の情報を、「とちぎの地酒『開華』酒蔵楽通信」にて優先的にお知らせいたします!こちらからご登録を!

とちぎの地酒「開華」ホームページは、こちらです。

「旬どき・うまいもの自慢会」事務局のホームページは、こちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年8月 3日 (金)

まぼろしの「ひめます刺身」

この時期の栃木県の魚では「鮎(あゆ)」が有名です。那珂川、鬼怒川、渡良瀬川の3水系に22の漁業協同組合があり、栃木県は天然鮎の漁獲高では全国No.1を誇ります。いずれ鮎もご紹介致しますが、今回紹介するのは中禅寺湖の綺麗な冷水で育った天然の「ひめます」です。

Photo_12日本列島で生き残ったベニザケの子孫
ひめますと聞いて、どんな魚かわかる人は少ないと思います。身の赤い「ベニザケ」ならご存知でしょうか。「陸封型のベニサケがひめます」です。サケ科の魚は、一般的には、川で孵化した稚魚が川を下り海を回遊して成長し、親魚となって生まれた川に産卵のために戻り遡って産卵し、一生を終えます。ところが、いろいろな事情で海に下ることなく、あるいはダムなどで下れなくて湖やダム湖などで海に見たてて成長し、その湖に注ぐ河川で産卵をする生息環境で生育する場合を「陸封型」と言います。北海道のチミケップ湖と阿寒湖、本州では十和田湖と中禅寺湖でしかお目にかかれない魚です。

鮎や虹鱒(にじます)と違ってひめますは養殖が難しく、漁獲解禁期間は4月~9月のみです。お邪魔したのは中禅寺湖立木観音そばの「レーク岡甚(おかじん)」日光市中宮祠2482 ℡0288-55-0046 です。こちらでは、レンタルボートも多数保持しており、多くの釣り人が利用しているお店です。また、日光で唯一、天然のひめますを一年中味わえる(漁獲期間以外は冷凍)お店でもあります。場所柄、観光客の利用も多いのですが、釣り人を中心に常連客や地元の方の利用も多いです。

Photo_13 ひめます料理はムニエル、フライ、唐揚げ等がありますが、中心は何と言っても塩焼きです。天然ものしかないひめますは貴重な魚ですが、レーク岡甚では大きなひめますを切り身ではなく、まるごと1匹をそのままの姿で提供しています。写真のように大きな魚がまるまる1匹です。小さいもの(というよりも、普通のサイズ)しかない場合には、なんと2匹つけてくれるそうです。骨離れも良く、香ばしい塩焼きの風味と淡白な旨味を楽しめます。

Photo_14 レーク岡甚では、貴重なひめますが塩焼きであれば一年中(漁獲期間以外は冷凍)楽しめるのですが、この期間しか楽しめない貴重な楽しみ方が刺身です。その日に獲れた(釣れた)ひめますをすばやくおろして料理する刺身は、毎日楽しめるわけではなく、獲れた時だけの限定品です。メニューにもありません。どうしても楽しみたい場合には事前に予約して魚を釣ってもらわねばなりません。かなり限定的な料理となります。身は写真のようにピンクがかった色をしています。食感は始めコリッとしていてきめ細かく、舌の上にのせるとスッと溶ける感じで絶品です。淡水の魚とはとても思えません。中禅寺湖で自然のプランクトンを食べて育った天然もののみが出せる味わいです。

Photo_15 実は取材をさせていただいたこの日もあいにく刺身にできる釣りたてのひめますはなし。残念・・・と思っていたところ、釣りから上がってきたグループが釣ったひめますを店主にさばいてもらうところでした。特別に少々頂戴する(食する)ことができました。レーク岡甚では、中禅寺湖畔最多の貸ボートを有しており、多くの釣り人が利用しています。釣った魚を持ち帰る方も多いのですが、一方で不要な(釣れ過ぎた)分は レーク岡甚で購入しています。

03 淡白な夏のひめますにあわせる日本酒は「開華 辛口旨酒」。旨・辛・酸が絶妙に調和した、開華ならではのやわらかな旨味のある辛口酒です。

「とちぎの旬のうまいもの」や「集い」の情報を、「とちぎの地酒『開華』酒蔵楽通信」にて優先的にお知らせいたします!こちらからご登録を!

とちぎの地酒「開華」ホームページは、こちらです。

「旬どき・うまいもの自慢会」事務局のホームページは、こちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月19日 (木)

某航空会社パイロットの視力も回復です。

実際に友人の某航空会社パイロットの視力も回復しました。

00041_2今回は地元の観光摘み取り園で楽しむことのできるブルーベリーのご紹介です。訪問したのは農業生産法人「ブルーベリーファーム」(〒327-0801 栃木県佐野市富士町967 6月の森ハーブガーデン内 ℡0283-20-4851)です。

1_2ここのブルーベリーをご紹介するきっかけとなったのは、先日開催された佐野プレミアムアウトレットでの佐野ナビゲーションフェアです。 弊社の隣がブルーベリーブースだったのですが、試食でいただいたブルーベリーの粒が大きいことと、甘味がたっぷりですっきりとした酸味が大変印象的でした。ほとんどのお客様も粒の大きさには驚かれ、試食をした人はほぼ100%購入されていました。このフェアの目玉は「もも」であり、実際多くの人が試食・購入をしたのですが、試食した人の購入率では圧倒的な一人勝ちだったのが、このブルーベリーです。(お酒の購入率は??・・・このイベント、お酒の試飲はなしでした。)

Berry_3ブルーベリーは、ツツジ科の果樹で、その果実がエレガントなブルーになり収穫されることからブルーベリーと呼ばれています。成熟した果実は、濃い青紫色になりますが、これは、アントシアニン色素と呼ばれ、眼によい効果があると最近一躍注目を浴びています。アントシアニン色素を摂取すると、眼の疲労がとれ、視野がぐっと広がり、夜間でも暗闇に目が慣れる時間が著しく早くなるという効果が現れてくることが最近の研究でわかっています。現代のさまざまな眼精疲労や眼の疲労感にはとくに有効といえます。また、網膜の機能性低下や白内障を防ぎ、糖尿病が原因の眼の病気予防にも役立ちます。

更に、強力な抗酸化作用があることが注目されています。米国農務省に属する栄養研究所の発表によると、米国産の43種類の果実と野菜の抗酸化作用を比較したところ、ブルーベリーが最高値を示し、ナンバーワンであることも証明されました。

また、食物繊維の量が極めて多いことでも注目されています。そもそも果実は食物繊維を多く含んでいるのですが、中でも多いといわれているキウイフルーツやバナナをはるかに上回る果実中最高の食物繊維を含んでいるのがブルーベリーです。

00043ここのブルーベリーは園内でそのまま食べることを前提にしているため、全て有機肥料&無農薬で栽培されております。環境浄化型農業と呼ばれるステビア農法を取り入れ、残留化学物質を分解し、有効微生物を活性化させています。詳細は省きますが、根の張りが良く樹勢が強くなり病気になりにくい健康でな作物が出来る方法として近年注目されています。糖 度が高くとても甘いブルーベリーです。生育方法は企業秘密とのことですが、品種に関わらず大粒のブルーベリーを栽培しており、大粒のものは五百円玉ほどの大きさのものもあるそうです。(品種名:大粒星)

000656月中旬から7月下旬まではハイブッシュ系の、8月上旬から9月下旬ま ではラビットアイ系の品種がそれぞれ楽しめ、こちらで栽培している品種は全部で20種類以上とのことです。ちなみに、ハイブッシュ系の品種は粒が大きめで、暑さに弱く、早生の品種です。北海道などではほとんどこちらの品種です。一方、ラビットアイ系の品種は、晩生で寒さに弱く、西日 本で栽培されているのは、主にこちらの品種です。関東地方では、時期をずらしてどちらの品種も楽しめます。

00060_3 ブルーベリー園は入園料1000円(幼児700円)で30分間食べ放題です。1パックのお土産もつきます。自家栽培のブルーベリー100%のジャムを販売している他、もともとがハーブガーデンですので、ハーブパンやハーブドレッシング、ハーブティー、ラベンダーソフトクリームなども楽しめます。

06_1 ケーキやジャム、アイス等の素材として用いられることの多いブルーベリーですが、是非生のまま(そのまま)味わってみてください。噛みしめた途端、みずみずしい果汁が口の中一杯にはじけます。 そして、同時にお楽しみいただけるお酒が「開華 風の一輪」です。華やかで繊細な吟醸香とやわらかで軽快な旨味・酸味が調和するソフトで優しいお酒です。フルーツや極端に甘くないデザート類とあわせていただくことができる日本酒です。

「とちぎの旬のうまいもの」や「集い」の情報を、「とちぎの地酒『開華』酒蔵楽通信」にて優先的にお知らせいたします!こちらからご登録を!

とちぎの地酒「開華」ホームページは、こちらです。

「旬どき・うまいもの自慢会」事務局のホームページは、こちらです。

| | コメント (1) | トラックバック (7)

2007年6月26日 (火)

第1回夏の集い

39旬どき・うまいもの自慢会・とちぎ【第1回夏の集い】が6月22日(夏至)に開催されました。場所は改装オープンしたばかりの佐野駅前「Trinity」(旧 Slow Cafe)です。 この日は栃木県内の別の場所で地産地消をテーマにしたイベントが開催され弊社も参加(杜氏&営業部長)したり、来週からは弊社イベント「ひやガーデン」が始まるなどイベント続きで、お客様のご来場をちょっと心配していたのですが、なんのなんの・・・定刻の18:30にはほぼ全員のお客様がご来場いただき予定通りの開始となりました。

45 まずは当社からご挨拶・・・割愛します。そして、「A Movement-序曲-」で乾杯。このお酒は初代世界きき酒師コンクール優勝者田中浩之氏と弊社とで共同開発した商品で、超軽快な味わいは幅広い料理との好相性を楽しめます。最初の料理メニューは「地場野菜と魚介を使った前菜盛り合わせ」。 佐野産のかぼちゃやシェフ自ら釣ってきたヤマメを使った新鮮な前菜の盛り合わせです。

 ここで、Trinity店主の五箇大成氏からの本日の料理についてのご説明。ゴメンナサイ、写真撮るのを忘れていました・・・。ちなみに、五箇氏はNPO SANOマニアの代表を務めていらっしゃいます。SANOマニアでは先日佐野駅前のロータリーで佐野産野菜の即売会を企画するなど、精力的に街づくりに取り組んでいます。

53次の料理は「パンチェッタと新タマネギのコカ」 。(これも食べかけ写真でごめんなさい。ついつい、写真を撮るのを忘れて・・・第1回ですのでご了承下さい。)佐野産の新タマネギは、まさに今が旬。甘味充分で塩漬けの豚肉とのバランス良しです。お酒は、今しか飲めない夏の生酒「開華 純米吟醸生酒」です。上品な果実香とフレッシュな味わいが、コカ(スペイン風ピザ)の甘味&塩味を更に引き出します。

54次は、「木の子たっぷり使った和風パスタ」。 佐野で採れた新鮮な椎茸とキノコをふんだんに使ったうす味パスタです。ここで搭乗、違った、登場したのが「開花 純米大吟醸山田錦」。現在、ANA国際線ファーストクラスに搭載されています。未発売商品ですので、地上で飲めることは極めて稀です。上品な吟醸香とやわらかで洗練された旨味が絶妙に調和した逸品です。

46次の料理は「ペンネのボロニャー風」。佐野産の茄子とトマトを使った完熟した甘味には「開華 中取りなま」(夏季限定生酒)です。米のエキス分(旨味)の多いこのお酒は、料理の自然な甘味を更に引き出してくれます。

47最後の料理は「ローストビーフ玄米の焼きリゾットとルッコラ添え」。小野寺産玄米の焼きリゾットは、ローストビーフの添えものではなく、そのまま一品として通用するほどの美味しさ。「集い」後のアンケートでも大変人気がありました。ルッコラは、なんと店のオーナー自ら栽培しています。お酒は「開華 みがき竹皮」弊社の代表的な商品です。原酒のこのお酒は、心地良い穏やかな香りとまろやかな米の旨味を感じられる逸品です。脂肪分が多くない肉料理や玄米を使った料理とはお互いの旨味を引き出しあって、食卓を更に楽しくしてくれます。

51 料理とお酒を楽しみながら、気がつけば既に終了予定の20:30。最後に弊社からご挨拶をして、「夏の集い」は終了しました。今回は急な開催にも関わらず、地元佐野市だけでなく、なんと一番遠方からは福島県郡山市からのお客様もご来場。この日は東京都内を中心に宇都宮線までがストップするJRトラブルもありましたので、そんななか駆けつけていただいたことには本当に感謝感謝です。

 次回の【第2回秋の集い】は9月秋分の日に開催予定です。具体的な計画は一切決まっていませんが、宇都宮市近辺での開催を検討しています。是非ご参加下さい。

40(追伸) 今回の会場となった「Trinity」は、店主自ら内装作りをしています。ちなみに、写真は洗面所です。全面に花をあしらった装飾は圧巻です。

 

「とちぎの旬のうまいもの」や「集い」の情報を、「とちぎの地酒『開華』酒蔵楽通信」にて優先的にお知らせいたします!こちらからご登録を!

とちぎの地酒「開華」ホームページは、こちらです。

「旬どき・うまいもの自慢会」事務局のホームページは、こちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年6月 5日 (火)

「夏の集い」のご案内

先月から活動を開始した「旬どき・うまいもの自慢会・とちぎ」の第1回めとなる「夏の集い」を6月22日(金)に開催致します。
今回は「佐野を中心とした栃木県内の旬の食材」をテーマに開催致します。
 日時:6月22日(金)18:30~20:30 
 場所:佐野駅前SLOW CAFE 
  定員:25名   会費:4000円

テーマに沿ったお料理と、それに合わせた第一酒造㈱の日本酒をお楽しみいただきます。夏限定の生酒を中心に、季節にあったお酒の提案をさせていただく予定です。
ここだけの内緒話ですが、ANA国際線ファーストクラス限定で搭載いただいている「開花 純米大吟醸山田錦」もお楽しみいただく予定です。
定員25名ですので、お早めにお申込下さい。
お申込は弊社まで電話・FAX・メールにてお願い致します。
次回(秋分の日)以降の開催は宇都宮市等県内各地での開催を予定しています。

追伸:夏の集いのお申込は終了させていただきました。次回【秋の集い】へのご参加をお待ちしております。

「とちぎの旬のうまいもの」や「集い」の情報を、「とちぎの地酒『開華』酒蔵楽通信」にて優先的にお知らせいたします!こちらからご登録を!

とちぎの地酒「開華」ホームページは、こちらです。

「旬どき・うまいもの自慢会」事務局のホームページは、こちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月22日 (火)

徳川家康も絶賛した逸品です。

徳川家康公に献上したところ、その珍味の程に天下の逸品と嘉賞し、またハート型の葉の形が徳川家の葵の紋に似ていることから、ことさら珍重したと言われているのが「山葵(ワサビ)」です。栃木県は、出流原弁天湧水(佐野市)・尚仁沢湧水(塩谷町)が名水百選に選ばれるなど、水のきれいなところです。このきれいな水を利用して佐野市や日光市(三依地区)などで本格的なワサビ田での生産が行われています。

ワサビと聞いて思い浮かぶのは、刺身に付けてたべる
ワサビの根をすりおろしたものかと思います。(ただし、最近はワサビダイコンが主原料である粉わさびを使っているものが多くなり、ワサビの根を実際に見る機会さえ少なくなっているようですが・・・)ワサビの根は比較的長期間楽しめるのですが、葵の紋にも似ている「葉ワサビ」はこの時期ならではの逸品です。また、既にシーズン終了ですが、可愛い小さな十字の白い花を咲かせるワサビの花は「早春の山菜の妖精」とも言われています

2_3 「葉ワサビ」を求めて林業振興会女性グループで作る「やまぶき会」佐野市山形町342 0283(65)0633(青木さん)を伺ってきました。やまぶき会では林業に関連する女性達が山の素晴らしさや素敵さを多くのひとたちに知ってもらい、自然にふれあい季節を感じてもらいたいとの想いから活動をしています。山での山菜等の栽培は勿論ですが、小学校へ出張しての食育を実施したり、子どもたちを山に迎えて自然や季節感を遊びながら感じさせてくれています。

Photo_11 「葉ワサビ」についても朝採り出荷と無農薬にこだわった生産を続けています。毎日の早朝の作業ですが、小鳥のさえずりと朝の新鮮な空気が大変心地良く感じます。化学肥料や薬を一切使わず、牛糞や樹皮の堆肥だけを使うため、年々ミミズが増殖し、ミミズ を求めて最近ではイノシシ被害が発生しているそうです。(写真は防護ネットです。)

Photo_10 生産量と朝採り出荷の関係から、現在の販売は

道の駅どまんなかたぬま農産物直売所

佐野市吉水町366-2 TEL0283-61-0077 に限定されています

葉ワサビ」の簡単な楽しみ方は・・・

刻んで軽く塩もみし、ざるに載せて熱 湯を掛け流してアクを抜き、絞ってたまり醤油などで漬けると3~4時間でおいしい葉ワサビ漬けとなります。コツは、辛味を残したままアクを抜くところで、葉ワサビ漬けの爽やかな辛味と風味はお酒のつまみやお茶漬けによく合います

「やまぶき会」考案の絶品レシピは・・・07043

葉わさびの肉ロール巻き

材料(4人前)

葉ワサビ(茎を含む) 10枚

たまねぎ       1/2個

ひき肉        100g

卵           1個

パン粉         大さじ2

固形スープの素     1個

かんぴょう       適宜

塩           少々

こしょう        少々

作り方

1.葉ワサビは、きれいに洗い、葉と茎をわける。

2.葉は、湯通しをして、ざるに上げ、冷ましておく。

3.茎は、5cmくらいに小口切りにし、軽く塩でもみ湯をかけ、絞っておく。

4.たまねぎは、みじん切りにし、フライパンで油をひき、すきとおるまで炒める。

5.よく練ったひき肉の中に、炒めて冷ましておいたたまねぎ、卵、パン粉、葉ワサビの茎、塩、こしょうを入れ、よく混ぜ十等分にする。

6.葉ワサビの葉を広げ、5.の具を包み、塩でもみ水につけもどしたかんぴょうでしばる。

7.鍋に、水3カップ、固形スープ1個を入れスープを作り、塩小さじ1を入れ沸騰させた中に6.を入れ、中火でふたをし、約15~20分煮る。

     ポイントは、葉ワサビの香りを逃がさないようにするため、煮過ぎないよう中火~弱火の間で煮ることです。

この写真は(社)とちぎ農産物マーケティング協会より頂戴致しました

「とちぎの旬のうまいもの」や「集い」の情報を、「とちぎの地酒『開華』酒蔵楽通信」にて優先的にお知らせいたします!こちらからご登録を!

とちぎの地酒「開華」ホームページは、こちらです。

「旬どき・うまいもの自慢会」事務局のホームページは、こちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年4月30日 (月)

食材のふるさと“とちぎ”へようこそ

「出来ないものはない」と言われるほど、栃木県は食材の宝庫です。食材の生産は自然条件に大きく影響されますが、栃木県は海なし県のため気温の差が大きく、湿度は比較的低く乾燥した晴天の日が多くなっています。また台風などの災害も少なく農業には適した県です。いちごの生産量全国第1位は有名ですが、にら、かんぴょう、もやし、二条大麦は全国第1位、こんにゃくいも、生乳は全国第2位です。また、お米の収穫量は全国8位ですが、コシヒカリの収穫量は第2位です。その他にも、トマト、なす、きゅうり、ねぎ、たまねぎ、ごぼう、さといも、大根、白菜、ほうれん草、春菊、そば、なし、肉用牛、肉豚なども全国のベストテン入りを果たしている有数の産地です。 

Pic_backno_0206

Pic_backno_0301

P12

P15

P18

P31

季節感を大事にする酒蔵「開華:第一酒造㈱」が今月より「旬どき・うまいもの自慢・とちぎ」を発足させていただきます。ご期待下さい。

「とちぎの旬のうまいもの」や「集い」の情報を、「とちぎの地酒『開華』酒蔵楽通信」にて優先的にお知らせいたします!こちらからご登録を!

とちぎの地酒「開華」ホームページは、こちらです。

「旬どき・うまいもの自慢会」事務局のホームページは、こちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)